Pokémon GO(ポケモンGO)、Nianticに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > Niantic、5月以降の「Pokémon GO」利用者数が...

Niantic、5月以降の「Pokémon GO」利用者数が35%アップに リアルイベントの開催地では20万人以上ユーザーが訪れる

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Nianticは、9月11日(現地時間)、「Pokémon GO」において5月以降の利用者数が35%アップしたと発表した。

同タイトルでは、6月にフレンド機能を追加、ゲットしたポケモンを交換する「ポケモン交換」や友達にギフトを送る「「ギフティング」などの機能が追加となっており、これらが利用者の増加に大いに貢献していると考えていいだろう。先日、日本国内向けのCM発表会で登壇したポケモンの石原社長は、「シリーズの遊びの核とも言える」と、その機能について非常に重要なアップデートであると語っており、数字でその結果を示したかたちとなる。

リアルイベントにおいては今夏ドイツのドルトムント、アメリカのシカゴ、日本の横須賀の3都市で開催し、非常に多くのユーザーが参加している。特に日本のイベントでは6万5千人のトレーナーが会場となった3つの公園の1つ以上を訪れ、1日あたり310万匹のポケモンを捕まえ、横須賀市には20万以上のトレーナーが訪れたという。

「Pokémon GO」はリリースからすでに2年経っているが、2017年にレイドボスバトルを追加するなど、継続的に寄贈のアップデートを行なっている。また今年後半にかけてはPVP機能の実装の噂もあり、実現すれば今後さらにユーザー数が増加する可能性を秘めている。
 
 
■『ポケモンGO』
 

App Store

Google Play

公式サイト

公式サイト(Niantic)


© 2016 Niantic, Inc.
© 2016 Pokémon.
© 1995-2016 Nintendo / Creatures Inc./ GameFreak, Inc.




 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事