エクストリームに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(12/6)】エクストリームが異彩高…スマホ版...

【ゲーム株概況(12/6)】エクストリームが異彩高…スマホ版『ラングリッサー』の配信許諾エリア拡大で スクエニHDとアカツキは材料出尽くしに

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
12月6日の東京株式市場では、日経平均株価は3日続落となり、前日比417.71円安の2万1501.62円で取引を終えた。中国の通信機器大手ファーウェイの幹部が米国の要請を受けてカナダで逮捕されたことが伝わり、米中の貿易摩擦問題への警戒感が強まった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、全体に弱含みの推移の中でエクストリーム<6033>が異彩高となった。エクストリームは、スマホ版『ラングリッサー』について、開発・配信を行う天津紫龍奇点互動娯楽と日本・EU 加盟国・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドを配信許諾エリアとしたライセンス契約を締結したと発表したことが株価の刺激材料となったようだ。

また、本日13時に子会社ガーラジャパンが新作『FOX-Flame Of Xenocide-』の正式サービスを開始したガーラのほか、マイネット<3928>やバンク・オブ・イノベーション<4393>などがしっかり。

中国へのIP許諾への連想買いもあり、日本ファルコム<3723>も買われた。

半面、スクウェア・エニックスHD<9684>や任天堂<7974>が売られ、アカツキ<3932>の下げもきつい。スクエニHDとアカツキは、新作『ロマンシング サガ リ・ユニバース』が本日よりサービス開始となったものの、目先の材料出尽くしとみた売り物に押される格好となっているようだ。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( エクストリーム

企業情報(株式会社エクストリーム)

会社名 株式会社エクストリーム
URL https://www.e-xtreme.co.jp/
設立 2005年5月
代表者 佐藤 昌平
決算期
直近業績
上場区分
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事