相鉄線で行こう、アートディンク、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム新作記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 都市開発相鉄SLG『相鉄線で行こう』が配信開始 神奈川県中央...

都市開発相鉄SLG『相鉄線で行こう』が配信開始 神奈川県中央部を基盤とする「相模鉄道」と『A列車で行こう』のアートディンクがコラボ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

アートディンクと相模鉄道は、本日(12月13日)、相模鉄道が配信・運営を行う「相鉄線アプリ」のリニューアルに合わせ、無料ゲームアプリ『相鉄線で行こう』の配信を開始したことを発表した。

本作は、神奈川県中央部を基盤とする“相模鉄道”と、都市開発シミュレーションゲーム『A列車で行こう』の企画・開発・販売を行うアートディンクとのコラボレーションにより実現した。『A列車で行こう』のゲームを通して、雄大な相鉄線や、魅力溢れる相鉄線沿線を体感できる、スマートフォンゲームアプリとなっている。

ゲームは、1985年に発売された、初代『A列車で行こう』を現代のスマートフォンにあわせたインターフェスや操作感にリニューアルし、パズルゲーム的要素も併せ持つ、初代『A列車で行こう』の遊び方で、相鉄線沿線の都市開発シミュレーションを行っていく。

また、相鉄鉄道マスコットキャラクターのそうにゃんや、相鉄線最新鋭車両、相鉄20000系の登場、さらに相鉄本社ビル、JOINUSや相鉄線沿線に建つ実在の施設まで、相鉄線沿線を多数収録している。

 

▼ストーリー
あなたは相模鉄道の社長として、線路の敷設を行ない、相鉄20000系を、無事にゴールまで届けましょう。
線路の敷設や駅の建設、資材の運搬は、あなたの判断に掛かっている。
社長として腕のみせどころだ!

また、線路の敷設や駅の建設には、資材と資金が必要です。
多くの乗客を運び得る運賃が、あなたの資金源となり、資材を購入し、貨物列車で効率よく運びましょう。
乗客輸送で資金を増やせば、ゴールはもう直ぐそこです。
ATS(自動列車停止装置)が作動しないように、慎重に進めましょう。

<ゲームの基本>
・画面をタップして、線路を繋ぎ沿線を発展させよう。
・線路の敷設には資材が必要となる。資材の購入も忘れないように注意。
・駅と駅を結び乗客を運ぶと、やがて街は発展していく。

<ゲームの目的>
スタート地点からゴール地点まで、相鉄20000系を走らせゴールさせよう。

<収録マップ>
『相鉄線で行こう』には、全部で3ステージが収録されている。

・二俣川駅 ⇒ 横浜駅(難易度★)
・横浜駅 ⇒ 湘南台駅(難易度★★)
・海老名駅 ⇒ 横浜駅(難易度★★★)

 
 
 
 

<車窓モード>
発展させた街を電車から眺める、車窓モードも搭載。相鉄線沿線の魅力を楽しもう。なお、通常は縦画面モードのゲームだが、車窓モード時は臨場感のある横画面でも楽しむことができる。





■『相鉄線で行こう』
 

公式サイト

App Store

Google Play



©ARTDINK. All Rights Reserved.
協力:相模鉄道株式会社
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 相鉄線で行こうアートディンク

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事