MMD研究所に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム調査資料記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【MMD研究所調査】スマートフォンでの動画視聴率は70.6%...

【MMD研究所調査】スマートフォンでの動画視聴率は70.6% 10代の視聴率は9割超、うち6割が1日1時間以上スマートフォンで動画を視聴

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、「2018年11月 動画配信サービスの利用と通信キャリア選択における調査」を実施した。この調査では、予備調査でスマートフォンを所有している15~69歳の男女10,000人を対象に、スマートフォンでの動画視聴状況、契約している通信プランや、エンタメ系プランへの乗り換え意向などを広く聴取したという。


<プレスリリースより>


【 調査結果サマリー】
■ スマートフォンでの動画視聴率は70.6% 10代の視聴率は9割を超え、そのうち6割以上が1日1時間以上スマートフォンで動画を視聴
■ スマートフォンユーザーの契約プラン、3GB以下が35.2%で20GB以上が18.3% 一方、実際に利用している通信量は3GB以下が46.8%、20GB以上が8.7%
■ スマートフォンユーザーの63.7%が「動画閲覧時の画質に満足している」、60.0%が「インターネット閲覧時の通信速度に満足している」
■ 各通信事業者へのエンタメ系プラン、乗り換え意向が高いのは「BIGLOBEモバイル」、「SoftBank」、「au」


 
■ スマートフォンでの動画視聴率は70.6% 10代は9割を超え、そのうち6割以上が1日1時間以上スマートフォンで動画を視聴

スマートフォンを所有している15歳~69歳の男女10,000人を対象にスマートフォンでの動画視聴状況について聞いたところ、動画を視聴しているのは70.6%、動画を視聴していないのは29.4%となった。また、年代別にみると、スマートフォンでの動画を視聴している割合が最も高いのは10代で90.6%、次いで20代で79.5%となった。
 


さらに、スマートフォンで動画を視聴していると回答した7,059人を対象に、1日当たりのスマートフォンでの動画視聴時間を聞いたところ、全体でみると「7時間以上」が2.0%、「5~7時間未満」が1.8%、「3~5時間未満」が5.2%、「1~3時間未満」が20.9%、「30分~1時間未満」が18.8%、「30分未満」が51.3%だった。

全年代を通して最も視聴率が高かった10代の視聴時間は、「7時時間以上」が3.3%、「5~7時間未満」が4.0%、「3~5時間未満」が12.8%、「1~3時間未満」が41.7%、「30分~1時間未満」が21.0%、「30分未満」が17.4%となり、10代の6割以上が1日1時間以上をスマートフォンで動画を視聴していることが分かった。
 


 
■ スマートフォンユーザーの契約プラン、3GB以下が35.2%で20GB以上が18.3% 一方、実際に利用している通信量は3GB以下が46.8%、20GB以上が8.7%

続いて、スマートフォンを所有している15歳~69歳の男女10,000人を対象に、契約している通信プラン容量と実際に利用している通信容量について聞いたところ、契約している通信プラン容量が3GB以下の人の割合は35.2%で、20GB以上の人の割合は18.3%だった。一方、実際に利用している通信容量が3GB以下の人の割合は46.8%、20GB以上の人の割合は8.7%だった。

また、契約している通信プランが「わからない」と回答した人は14.8%で、実際に利用している通信容量が「わからない」と回答した人は17.3%となった。
 


 
■スマートフォンユーザーの63.7%が「動画閲覧時の画質に満足している」、60.0%が「インターネット閲覧時の通信速度に満足している」

前問と同様、スマートフォンを所有している15歳~69歳の男女10,000人を対象に、スマートフォンの利用に関して感じていることを聞いたところ、『とても当てはまる』と『やや当てはまる』を足し上げた上位3つは、「動画閲覧時の画質に満足している」で63.7%、「インターネット閲覧時の通信速度に満足している」で60.0%、「動画閲覧時の通信速度に満足している」で58.4%だった。

また、『とても当てはまる』単独で見ると、上位3つは「通信会社を乗り換えることに抵抗がある」で18.8%、「契約通信容量を節約している」で17.2%、「動画閲覧時の画質に満足している」・「インターネット閲覧時の通信速度に満足している」で12.4%となった。
 


 
■ 各通信事業者へのエンタメ系プラン、乗り換え意向が高いのは「BIGLOBEモバイル」、「SoftBank」、「au」

各通信事業者が展開しているエンタメ系プランに興味があると回答したスマートフォンユーザーを対象に、それぞれのプランの詳細(一例)を提示した上で乗り換え意向を聞いたところ、「今すぐにでも乗り換え/プラン変更を検討する」を回答した人の割合が最も高かったのは、「BIGLOBEモバイル」で9.8%だった。次いで「SoftBank」で8.5%、「au」で7.5%だった。
 



※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※本リリース内で使用した設問では、ウェイトバック集計を行っています。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。


・調査タイトル:2018年11月 動画配信サービスの利用と通信キャリア選択における調査 
・調査方法:インターネット調査 
・調査対象者:スマートフォンを所有している15~69歳の男女
・調査サンプル数:10,000人 ※本リリースにおいて利用した予備調査の設問では、ウェイトバック集計を行っています。
(本調査対象者:スマートフォンで定額制有料動画配信サービスを利用している1,000人)
・調査実査期間:2018年11月2日~11月4日 
・調査設問数:20問
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( MMD研究所

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事