シネ・フォーカスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームTech記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > シネ・フォーカス、等身大表示が可能な3Dホログラム演出システ...

シネ・フォーカス、等身大表示が可能な3Dホログラム演出システムのレンタルを開始! コストは従来の約10分の1に大幅低減!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


シネ・フォーカスは、従来よりも低コストで等身大の人物を表示可能な3Dホログラム演出システム『3m×2mフレームユニットCFF-QU3020』のレンタルを開始した。レンタル料金は1日で85万円となる。また別途、90インチ相当のディスプレイとコンテンツプレイヤーが必要になる。
 
この商品は“人物1人分”のサイズに特化することで、 従来より装置の設置時間を大幅に短縮し、 コストも通常サイズの1/10程度に抑えることができるシステム。

3Dホログラムシステムは、 3D映像用のメガネやヘッドマウントディスプレイを使用することなく、大人数で立体的な映像を観賞することができる。 ステージと観客の間に3Dホログラム演出専用の特殊フィルムを斜めに設置し、LEDディスプレイやスクリーンに映した映像を反射することでステージ上に立体的な映像を出現させることができる。 
 

今回開発した商品は、サイズこそ限られるものの、あらゆるイベントでより手軽にホログラム演出を導入できるように設計されている。 カーボンファイバー製のフレームにあらかじめフィルムを張ってあるため、 イベント会場への搬入、 設置を短時間でスムーズに行うことができる。 

これまではサイズは幅6m×高さ4mを基本サイズとするなど規模の大きさゆえに設置に長い時間がかかり、コストも高額であることから、 限られたイベントでしか導入できなかった。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事