Fate/Grand Order(FGO)、FGO PROJECT、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームランキング記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > App Store売上ランキングの1週間を振り返る…首位争い...

App Store売上ランキングの1週間を振り返る…首位争いは『モンスト』⇒『パズドラ』⇒『FGO』と推移 ガチャ施策の効果が顕著に現れる結果に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
 
1月21日~1月25日のApp Store売上ランキングの動きを振り返ってみよう。

まず、週明けの21日は、ミクシィ<2121>の『モンスターストライク』が首位に回復。こちらは、1月19日に「世界4900万人突破記念復刻ガチャ 2017新春&夏&クリスマス」と「世界4900万人突破記念復刻ガチャ 2016ハロウィン&クリスマス」の2つのガチャを1日限定で同時開催したほか、20日からは新たに獣神化が可能になった「ナスカ」の出現確率が超UPしたガチャ「RED STARS」を開催したことが要因として挙げられる。

しかし、翌22日にはガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の『パズル&ドラゴンズ』が首位を奪取。主に「スーパーゴッドフェス」の開催が功を奏した結果と考えられるが、これに併せてカード付きウエハースチョコ「神羅万象チョコ」との復活コラボ企画を実施したことも後押しとなったようだ。

そして、週の後半に差し掛かる24日からはFGO PROJECTの『Fate/Grand Order』が本日(1月26日)まで首位をキープし続けている。同タイトルでは、1月23日22時より、「復刻 魔法少女紀行 ~プリズマ・コーズ~ -Re-install-ピックアップ召喚(日替り)」を開催。期間限定で「★5(SSR)イリヤスフィール・フォン・アインツベルン」が登場したほか、今回から新たに「★4(SR)美遊・エーデルフェルト」が追加されたことで首位の座を揺るぎないものにしている。
 
今週末には「闘会議2019」や「JAEPO2019」といった大型イベントも一段落となるため、来週以降、各タイトルがどういった施策を打ってくるかに注目したいところだ。
 
■1月21日

1月5日以来、16日ぶりに『モンスターストライク』が首位を獲得したほか、バンダイナムコエンターテインメントの『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』の急上昇が目立った一日。

『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』では、1月20日15時より、「寒さに負けるな♪ガシャ」を開始(関連記事)しており、期間限定カードとしてSSR「へっちゃらプライド 中谷育」(CV:原嶋あかり)、新規追加カードとしてSR「制服シリーズ 宮尾美也」(CV:桐谷蝶々)とSR「制服シリーズ 白石紬」(CV:南早紀)が新登場していることが順位を押し上げたもよう。これにより、同タイトルは土曜日の80位から21位まで上昇してきた。
 
出所:AppAnnie

ほか、スクウェア・エニックスとアカツキ<3932>の『ロマンシング サガ リ・ユニバース』やCygamesの『Shadowverse』などがトップ30に復帰している。

 
■1月22日

冒頭にも述べた通り、『パズル&ドラゴンズ』が首位を奪取したことが話題となった。「神羅万象チョコ」コラボ第11弾では、「凄天星エン」など新キャラクターの追加や、一部キャラクターのパワーアップなどを実施。コラボガチャには「凄天星エン」や「玄嬢星サン」、「紅玉姫ルビー」などがラインナップされた。また、一部のキャラクターは究極進化が可能になったことも売り上げの一因と見られている。
 
出所:AppAnnie

また、アニプレックスとf4samuraiの『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』が81ランクアップで2位に急浮上。こちらは、原作でも人気の魔法少女「暁美ほむら(CV.斎藤千和さん)」が期間限定でガチャに登場したことで売り上げが増加したものと考えられる。事前にカウントダウンサイトなども大々的に展開し、ユーザーの注目も集まっていただけに、先の『パズドラ』と施策のタイミングが被らなければ首位を取れていた可能性もあったのではないだろうか。
 
出所:AppAnnie

さらに、スクウェア・エニックスとアカツキ<3932>の『ロマンシング サガ リ・ユニバース』が3位まで上昇しているほか、『Fate/EXTELLA LINK』とのコラボを開始した『シノビマスター 閃乱カグラ NEW LINK』が291ランクアップするなど、話題の多い一日となった。

 
■1月23日

首位は前日に引き続き『パズル&ドラゴンズ』がキープ。上位陣に大きな変動はなかったが、トップ10圏内の10位にグッドスマイルカンパニーの『グランドサマナーズ』が212ランクアップで飛び込んできたことが業界に大きなインパクトを与えた。同タイトルでは、1月22日より、アニメ「転生したらスライムだった件」とのコラボイベントを開始し、人気キャラ「リムル」「ベニマル」「ミリム」らをガチャに登場させたことがユーザーに好評だったようだ。現在、TVアニメが放送中の人気IPとの施策が見事に当たった形となった。
 
出所:AppAnnie

また、この日『グランドサマナーズ』に続いて大きく順位を上げたのが、95ランクアップでバンダイナムコオンラインの『アイドリッシュセブン』だ。同タイトルでは、和泉一織の誕生日を記念した特別オーディションを1月22日から26日までの期間限定で開催したことが売り上げを伸ばす格好となったようだ。
 
出所:AppAnnie

ほか、コナミデジタルエンタテインメントの『実況パワフルサッカー』が、「海皇山高校 サクチャレ応援ガチャ」と「日本代表ピックアップガチャ」の2つを開始したことで前日の76位から16位まで順位を押し上げた。
 
出所:AppAnnie

 
■1月24日

この日、首位の『Fate/Grand Order』に迫る躍進を見せたのは、45ランクアップで3位まで浮上したスクウェア・エニックスの『ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト』だ。同タイトルでは、5周年を迎えたことを記念して、「魔王・神獣・系統の王フェス」や、ランクS以上の地図が必ず2枚以上手に入る「48時間限定10連アニバーサリーフェス」など数多くの施策を実施した効果が表れた結果となった。
 
出所:AppAnnie

また、バンダイナムコエンターテインメントの『ドラゴンボールレジェンズ』が117位から8位に急上昇している。こちらは、「最終形態クウラ」「ザマス」「ボージャック」がSPARKINGで新登場する「Legends Rising Vol.6」や、新登場SPARKINGキャラクターの獲得Zパワー数が999となって排出される「Legends Rising Vol.6」Zパワー x999ガシャを開催したことがランクアップに繋がったようだ。
 
出所:AppAnnie

ほか、任天堂<7974>の『ファイアーエムブレム ヒーローズ』が90位から19位まで順位を上げた。同タイトルでは、1月23日16時より超英雄召喚イベント「名湯秘湯」を開始しており、「秘湯の待リョウマ」、「戦姫の休息ヒノカ」、「温泉の女サクラ」、「名湯の花エリーゼ」の4人の超英雄が登場すたことがユーザーから好評だったようだ。
 
出所:AppAnnie

 
■1月25日

週末はランキング上位陣の中でも、ポケラボとスクウェア・エニックスの『SINoALICE(シノアリス)』や、コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)の『実況パワフルプロ野球』、Yostarの『アズールレーン』といったところが大幅に順位を伸ばした。

まず『SINoALICE(シノアリス)』は1月24日より、グレーテル(CV:内田 真礼さん)の新ジョブが登場する「強欲ノ鎧鴉ガチャ」を開始。「グレーテル/慾鴉のパラディン」が解放されるSS武器「強欲ノ漆槍(カゲウチ)」らがピックアップされたことが売り上げ増加の主な要因と考えられる。これにより、前日から59ランクアップで7位とトップ10入りを果たした。
 
出所:AppAnnie

『実況パワフルプロ野球』では、新たなガチャとして「祝賀会 3900万DL記念」を開催し、「石上一心」「[二刀流]十六夜瑠菜」が登場したことが喜ばれたようだ。また、それぞれ10連ガチャ5回目でSR「石上一心」が、10連ガチャ6回目でSR「[二刀流]十六夜瑠菜」が1枚以上確定で排出されたことにより、数多くのガチャが回されたと考えられる。
 
出所:AppAnnie

そして、『アズールレーン』では、1月24日のアップデートでSSR「シリアス」など「期間限定建造」を追加したことがランキング上昇という結果に繋がった模様。ショップに限定着せ替えアイテムを追加したほか、「燃料パック」「建造パック」が登場したことも売り上げ増加に貢献したものと見られる。
 
出所:AppAnnie

ほか、セガゲームスの『D×2 真・女神転生リベレーション』が53ランクアップの21位でTOP30位圏内に復帰している。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)

会社名 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
URL http://www.gungho.co.jp/
設立 1998年7月
代表者 森下一喜
決算期 12月
直近業績 売上高923億円、営業利益343億円、経常利益343億円、最終利益223億円(2017年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3765

企業情報(株式会社ミクシィ)

会社名 株式会社ミクシィ
URL http://mixi.co.jp/
設立 1997年11月
代表者 木村弘毅
決算期 3月
直近業績 売上高1890億円、営業利益723億円、経常利益727億円、最終利益417億円(2018年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 2121

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事