18年10-12月決算、セガサミーホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > セガサミーHD、第3四半期のデジタルゲームは27億円の営業赤...

セガサミーHD、第3四半期のデジタルゲームは27億円の営業赤字に 既存タイトルが減衰、新作投入もカバーできず

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
セガサミーホールディングス<6460>は、本日(2月5日)、PCオンラインゲームやスマートフォンゲームを提供する「デジタルゲーム」の営業損益が27億円の赤字となったことがわかった。前年同期は33億円の黒字を計上していた。また売上高は前年同期比1.7%増の294億円だった。
 


同社では、既存主力の長期運営タイトルの売上が減衰傾向にある一方、新作タイトルの投入時期が遅延したことや投入したタイトルが期待値を下回っており、既存の減衰をカバーできていない、とした。『龍が如く ONLINE』や『イドラ ファンタシースターサーガ』『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』『共闘ことばRPG コトダマン』などをリリースした。

2018年12月末時点におけるサービス運営タイトルは国内で25タイトルだった。第3四半期のKPIは平均MAUが469万人、ARPMAUが1581円、上位タイトルの売上占有率が38.1%となった。上位3タイトルの売上占有率は前年同期51.5%から38.1%に低下した。
 


また、既存運営タイトルのサービス終了に伴う損失も発生した、としている。これに伴い、セガゲームスおよびその連結子会社が保有するデジタルゲーム分野の固定資産の一部について、第3四半期決算において減損損失61億800万円を特別損失に計上したという。

なお、セガサミーホールディングスの下方修正に伴い、デジタルゲームの業績予想も下方修正した。売上高を700億円から445億円、営業利益を90億円から2億円の赤字に引き下げた。業績推移から計算すると、第4四半期(1~3月)で、売上高151億円、営業利益25億円を稼ぐ見通しだ。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年10-12月決算セガサミーホールディングスセガゲームス

企業情報(株式会社セガゲームス)

会社名 株式会社セガゲームス
URL http://sega-games.co.jp/
設立 2015年4月
代表者 里見治紀
決算期 3月
直近業績 売上高683億円、営業利益64億円、経常利益77億円、最終利益60億円(2018年3月期)
上場区分 非上場
証券コード

企業情報(セガサミーホールディングス株式会社)

会社名 セガサミーホールディングス株式会社
URL http://www.segasammy.co.jp
設立 2004年10月
代表者 里見治/鶴見尚也
決算期 3月
直近業績 売上高3236億円)、営業利益177億円、経常利益145億円、最終利益89億円(2018年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 6460

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事