LINEに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム人事記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【人事】LINE、取締役CSOの慎ジュンホ氏が本日付で新役職...

【人事】LINE、取締役CSOの慎ジュンホ氏が本日付で新役職となるCWO(Chief WOW Officer)に就任

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
LINE<3938>は、本日(2月27日)、取締役CSO(Chief Service Officer)の慎ジュンホ(シンジュンホ)氏が本日付でCWO(Chief WOW Officer)に就任することを発表した。

同社では、2019年以降をさらなる成長を遂げる「第2の創業期」と位置づけ、Fintech、AI、Blockchainと言った新たな領域への挑戦を続けている。コミュニケーションアプリ「LINE」がそうであるように、サービス、事業成長においてカギとなるのは競合をも圧倒するサービス競争力であり、「サービスドリブン」という考え方で、「第2の創業期」を迎えた今、創業時より重要視している「サービスドリブン」という考え方を、改めて打ち出していく。

また、LINEでは、LINEという会社のコアバリューを「LINE STYLE」で“WOW” という言葉で表現しています。“WOW”とは、「ユーザーを感動させる初めての体験」であり、「思わず友だちに教えたくなるような驚き」のこと。2011年6月に誕生した「LINE」は、コミュニケーションのパラダイムを変えた、まさに“WOW”を体現するサービスと位置付けている。

そして今回、「第2の創業期」を迎えた同社では、「LINE」と同じく、もしくはそれを超える“WOW”を生み出すべく、「LINE」の誕生から成長に至るまでサービスをリードしてきた慎がLINEグループのミッションを実現するうえで極めて重要な役割を担う立場であり、世界的にみてもユニークな役割、タイトルとなるCWO(Chief “WOW” Officer)に慎ジュンホ氏が就任した。

これにより、LINEグループでは、これまで以上にストイックに“WOW”を追求することで、革新的なサービス提供、および更なるイノベーションの推進を加速させ、より一層の成長に努めていく方針だ。

<慎ジュンホ(シンジュンホ)氏略歴>



1972年2月25日生
2005年6月 (株)1noon(現NAVER Corporation)入社
2008年5月 ネイバージャパン(のちのNHN Japan、現LINE)企画本部長に就任
2012年1月 NHN Japan(現LINE)取締役に就任
2013年3月 LINE Plus Corporation代表取締役に就任(現任)
2014年4月 当社取締役CGO(Chief Global Officer)に就任
2018年4月 当社取締役CSO(Chief Service Officer)に就任
2019年2月 当社取締役CWO(Chief WOW Officer)に就任(現任)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( LINE

企業情報(LINE株式会社)

会社名 LINE株式会社
URL http://linecorp.com/
設立 2000年9月
代表者 出澤 剛
決算期 12月
直近業績 売上収益1206億6983万円、営業損益95億2418万円の赤字、当期純損益79億7211万円(2015年12月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3638

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事