19年1-3月決算、セガサミーホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > セガサミーHD、デジタルゲーム19年3月期は19億円の営業赤...

セガサミーHD、デジタルゲーム19年3月期は19億円の営業赤字に 既存タイトルの減衰を新作で補えず 第4四半期は黒字転換と足元回復

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

注目ワード : 

セガサミーホールディングス<6460>は、PCやスマートフォンゲームを展開する「デジタルゲーム」事業の業績について、売上高が前の期比5.9%増の408億円、営業損益が19億円の赤字となったことを明らかにした。前の期は、33億円の黒字だった。期初計画に対して大幅な未達になったという。ただ、第3四半期まで27億円の赤字だったことから、第4四半期では8億円の黒字に転換するなど足元では復調してきたもようだ。

既存タイトルの減衰を新作で補えず、評価減など運営タイトルのサービス終了に伴う損失を計上したため、としている。計画では12タイトル投入する計画だったが、8タイトルのリリースにとどまったとのこと。
 


2019年3月末時点におけるサービス運営タイトルは国内で23タイトルだった。第4四半期のKPIは平均MAUが790万人、ARPMAUが1029円、上位タイトルの売上占有率が41.7%となった。 

【MAU上位】
1位 ファンタシースターオンライン2 2012/7
2位 ぷよぷよ!!クエスト 2013/4
3位 D✕2 真・⼥神転⽣ リベレーション 2018/1
 


2020年3月期は、開発・運営タイトル数などの適正化を図り、収益改善に取り組む、としている。施策としては損失計上したことによるランニングコストの削減と、収益が見込めるタイトルへのリソースの移管を行う。新作タイトルについては、6タイトルをリリースする予定だ。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( セガサミーホールディングス19年1-3月決算

企業情報(セガサミーホールディングス株式会社)

会社名 セガサミーホールディングス株式会社
URL http://www.segasammy.co.jp
設立 2004年10月
代表者 里見治/鶴見尚也
決算期 3月
直近業績 売上高3236億円)、営業利益177億円、経常利益145億円、最終利益89億円(2018年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 6460

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事