スマートフォンアプリジャム(SPAJAM)、一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【SPAJAM2019】大阪予選が開催! 「Xen」を開発し...

【SPAJAM2019】大阪予選が開催! 「Xen」を開発したチーム「ぅゅ...ぷんぽぷんぽ」が最優秀賞!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


モバイル・コンテンツ・フォーラムは、5月25~26日、「スマートフォンアプリジャム2019(SPAJAM2019)」大阪予選を開催した。「日本文化」というテーマが設定され、約24時間でアプリを開発するハッカソンを開催した結果、最優秀賞を勝ち取り本選出場を決めたのは「Xen」を開発したチーム「ぅゅ...ぷんぽぷんぽ」だった。



【最優秀賞チーム】
・チーム名 … ぅゅ...ぷんぽぷんぽ
・アプリ名 … Xen
・チームメンバー … 飛田 一貴、高橋 秀明、柿元 俊也、田中 蒔音、中村 航
・アプリの内容 … 座禅をしている人の傾きを検知して、刺激を与えるアプリ「Xen」を開発。指に直接電流の刺激が来るので、座禅がはかどります。(本人たち曰く、人間に害はありません。)テーマ性はもちろん「座禅する人」「座禅に喝を入れる人」という今まで2人必要だった動作を1人で解決するという企画性、ユニーク性が非常に高ポイントだった。Nuxt.jsとRaspberry Pi を利用して、スマホの傾きを検知して電流を流すガジェットを制作した。実装は動かなかった部分もあるが、クライアント/サーバ/ハードの3軸にトライする技術へのスタンスが、審査員に評価されて最優秀賞を受賞した。
 



【優秀賞チーム】
・チーム名:パルプンテ
アプリ名:思色
代表:島袋 圭太
・チーム名:PAVCT
アプリ名:歩く―ルジャパン
代表:池内 剛
・チーム名:俺たちの温泉、どこ行った?
アプリ名:あいまい打破
代表:井内 聡


 

【予選概要】
・日程:2019年5月25日(土)~ 26日(日)
・会場:関西大学梅田キャンパス KANDAI MeRISE
・共催:関西大学梅田キャンパス
・参加チーム数:8チーム(37名)
・テーマ:日本文化
・審査員:
五十嵐 太清 氏 SPAJAM2014優勝者
駒井 祐人 氏 株式会社アカツキ テックリードエンジニア
和賀 勝彦 氏 株式会社カオナビ 執行役員 テクノロジー統括本部長 最高技術責任者
・出場チーム(開発アプリ):
パルプンテ(思色)
俺たちの温泉、どこ行った?(あいまい打破)
ぅゅ...ぷんぽぷんぽ(Xen)
でんとつー(ゆるっとさんぽ)
ZMAP(Tripend)
バンザイ・パイプライン(ふるふるごぉ)
ボクはたけのこです!(バッサリ)(茶人には気苦労が多い。)
PAVCT(歩く―ルジャパン)


<協賛・協力企業>
ガンホー・オンライン・エンターテイメント(株)、(株)ドワンゴ
(株)カオナビ、(株)ディー・エヌ・エー、LINE(株)
(株)エムティーアイ、(株)バンダイナムコエンターテインメント、フリュー(株)
IT media、ケータイWatch、ソーシャルゲームインフォ、ファミ通Apps、4Gamer.net、LIGARE、リセマム
(株)アカツキ、(株)エーアイ、温泉むすめ、関西大学、Google、旅の宿、ニフクラ、
(株)モンテール、ユニティテクノロジーズジャパン合同会社


 

公式サイト

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)スマートフォンアプリジャム(SPAJAM)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事