スマホアプリ&ソーシャルゲームセミナー記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > セミナー「東南アジア エンタメビジネスの現状と展望」が7月3...

セミナー「東南アジア エンタメビジネスの現状と展望」が7月31日に開催…アニメと音楽、ゲーム業界の動向と日本企業の事例紹介

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
​映像産業振興機構(VIPO[ヴィーポ])は、7月31日、「VIPO X SOZO presents 東南アジア エンタメビジネスの現状と展望」セミナーを開催する。定員は50名だが、すでに到達してしまったようだ。

AFA(Animation Festival Asia)や各種JPOPカルチャーイベント等の運営を通して、10年以上日本と東南アジアとの接点を作ってきたSOZO社(sozo.sg/home/)の代表ショーン・チン氏を迎える。

セミナーでは、東南アジア(特にシンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ)でのエンタメビジネス(アニメーション、音楽、ゲーム関連業界)の現状と課題、そして今後の展望や日本企業の進出事例などを紹介する。

東南アジアのビジネスに関する情報収集の場として、ぜひ活用してほしいとのこと。



◆開催概要◆
【日 時】   2019年7月31日(水) 14:00~16:00 (受付13:30~)
※受付用に名刺をお持ちください。
【プログラム】 ・14:00~16:00:SOZO社によるプレゼンテーション及び質疑応答(※逐次通訳有)
・16:00~、名刺交換あり
【登壇者】 SOZO社 代表ショーン・チン氏
【会 場】 特定非営利活動法人 映像産業振興機構(VIPO) ホールR
【定 員】 50名
【参加費】 無料
【申込期限】 7月29日(月)まで ※定員に達し次第、申込終了


◆登壇者プロフィール:
Shawn Chin (ショーン・チン)
SOZO Pte. Ltd. 創業者、代表取締役
株式会社電通 マーケティング部門在籍時に、日本のエンターテインメント業界と出会い、日本文化並びに日本のポップカルチャーへの情熱から、2009年にSOZO Pte, Lrd.を創業。AFA(Animation Festival ASIA、現C3AFA)を世界有数のジャパニーズポップカルチャーイベントに育てる。今日では東南アジアにおけるジャパニーズポップカルチャーのサポーターとして、多くの講演や取材実績がある。


 

申し込み

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事