SUNRISE BEYOND(サンライズ ビヨンド)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > SUNRISE BEYOND、20年3月期の最終損益は1億2...

SUNRISE BEYOND、20年3月期の最終損益は1億2200万円の赤字 XEBECから買収した映像制作事業が母体

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
サンライズのグループ会社の「SUNRISE BEYOND(サンライズ ビヨンド)」の2020年3月期の最終損益は、1億2200万円の赤字だった。第2期となっているが、設立は2020年3月であり、実質初年度となる。このため、この期については投資先行となったようだ。

同社は、サンライズがXEBEC(ジーベック)から買収した映像制作事業の受け皿となる会社として設立された。IPのプロデュースが主な事業内容で、アニメを中心とした映像コンテンツの企画・製作のほか、IPを活用した事業、著作権、版権の運用管理を行う。

制作作品として、『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』と『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ ウルズハント』がある。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( サンライズSUNRISE BEYOND(サンライズ ビヨンド)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事