ドラゴンクエストウォーク(DQウォーク)、スクウェア・エニックス、ADに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム連載記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲームアプリ調査隊】コロナ禍、初めての夏、間もなく1周年…...

【ゲームアプリ調査隊】コロナ禍、初めての夏、間もなく1周年…人気が衰えることのない『ドラゴンクエストウォーク』の夏施策を調査(提供:Sp!cemart)

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

スマートフォンゲームの日々の運用とその効果をリサーチし、ゲーム関連企業へマーケティングデータを提供するSp!cemart(スパイスマート)。ゲームアプリの運用情報をいつでもウォッチできる「Sp!cemartカレンダー」や、毎月発行しているレポートを提供している。

なかでもカレンダーは、セールスランキング上位のモバイルオンラインゲームのゲームシステム・運用施策をダッシュボード形式のWEBツールとして提供。ゲーム内プロモーション施策の効果測定やセールスランキングと運用効果の相関関係を時系列で分析できる。
 

Sp!cemart
カレンダー・レポート
お問い合わせ


本連載記事ではSp!cemart協力のもと、カレンダー機能を用いた、ランキング上位タイトルの直近のゲーム内施策を分析。今回はスクウェア・エニックスの『ドラゴンクエストウォークの施策をピックアップしていく。
   
(以下、Sp!cemartゲームアプリ調査隊より) 
 

【調査箇所】コロナ禍と位置情報ゲーム


■『ドラゴンクエストウォーク
提供:スクウェア・エニックス(開発:コロプラ)
リリース日:2019年9月12日

【調査箇所:2020年7月1日〜7月31日】

2020年9月で間もなく1周年を迎える『ドラゴンクエストウォーク(以下、DQウォーク)』は、DQ×位置情報ゲームというこれまでにない取り組みで大成功を収めました。ですが、決して順風満帆な一年であったとは言い切れず、未曽有の感染症による影響もあったと言えるでしょう。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大につき、2020年4~5月に全国一斉の緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛を余儀なくされました。位置情報ゲームは、外出中に楽しめる唯一無二のゲームジャンルですが、外出自粛に伴い、街からは人の姿はなくなり、『DQウォーク』の利用者減にも影響したものだと考えます。

しかし、同作ではユーザーの健康と安全に配慮し、2020年4月に目的地を「どこでも目的地」で設置する際、現在地周辺も選択できるように調整したり、フィールドに出現するイベントスポット「商人の町」のタップ範囲をさらに拡大したりと、外出せずともコンテンツが楽しめるようにアップデートを実施しました。

まだまだ予断を許さない状況ですが、外出が日常化してきているなか、再び『DQウォーク』の需要も高まっていくものだと思います。

さて、今回は間もなく1周年という重要な局面を迎える『DQウォーク』について、セールスランキング1位を獲得した夏関連の施策を中心に紹介していきます(2020年7月上旬頃)。“withコロナの時代”で迎える初めての夏、『DQウォーク』ではどのような施策を展開し、人気を継続しているのでしょうか。

調査では、ランキング推移とゲーム内施策を一覧で閲覧できる「Sp!cemartカレンダー」を用いて行いました

 

【夏施策①】まずは流入・継続率の観点で調査


冒頭に掲載したApp Storeセールスランキング1位を記録した背景には、2020年7月9日に開催した「サマーフェスティバル(以下、夏施策)」が影響しています。なお、夏施策は複数回に分けて実施されていましたが、本稿では第1弾を紹介。さらに今回は「流入・継続率」と「収益」のふたつの面で取りまとめていきます。まずは「流入・継続率」について。

【期間限定ログインボーナス】
サマーフェスティバル!特別ログインボーナス
7月9日(木)~8月27日(木)14:59<日数:50日>
特徴:季節イベント、連続ログインボーナス、有料アイテム配布(多)

 

まず夏施策の開催を記念して、期間限定ログインボーナスが配布されました。内容は有料アイテム「ジェム」合計2000個(2,000円相当)や、限定の装備品など。

2日目などに得られる「夏服ボックス」は、使用することで夏らしい防具(シャツなど)を獲得できる消費アイテムです。なお「金」の方が、より高いレアリティの防具が出現(★4が高確率で手に入ります)。

■ログインボーナスの内容
1日目:ジェム×500(有料アイテム500円相当)
2日目:夏服ボックス(防具がランダムで手に入る箱)
3日目:ジェム×500(有料アイテム500円相当)
4日目:夏服ボックス(防具がランダムで手に入る箱)
5日目:ジェム×500(有料アイテム500円相当)
6日目:金の夏服ボックス(防具がランダムで手に入る箱)
7日目:ジェム×500(有料アイテム500円相当)
8日目:スイカブーメラン(最高レアの武器)

【期間限定ログインボーナス】
南の島とあぶない果実 前半ログインボーナス
7月9日(木)~7月23日(木)14:59<日数:15日>
特徴:季節イベント、連続ログインボーナス

 

後述する期間限定イベント「南の島とあぶない果実」に連動する形で実施されたログインボーナス。5日間にわたって、「ジェム」とイベント用交換アイテムの「まなつのメダル」が配布されました。

前述したログインボーナスと合わせると「ジェム」は合計3000個獲得でき、ちょうど10連ガチャ1回分となりました。ちなみにこのログインボーナスには「後半」も存在しましたが、配布内容はまったく同じです。

■ログインボーナスの内容
1日目:ジェム×250(有料アイテム250円相当)
2日目:まなつのメダル×500(イベント用交換アイテム)
3日目:ジェム×250(有料アイテム250円相当)
4日目:まなつのメダル×500(イベント用交換アイテム)
5日目:ジェム×250(有料アイテム250円相当)

【期間限定イベント】
南の島とあぶない果実イベント開催
7月9日(木)~8月6日(木)14:59<日数:29日>
特徴:季節イベント、高難度挑戦、アイテム交換

 

約1カ月にわたって開催されたプレイ系イベント。期間中は、すべてのかいふくスポットが「スイカスポット」に変化し、そこでスイカを割ることで、「スイカのタネ」や「じゃあくな果汁」を獲得できました。

 

▲「スイカのタネ」は、イベントポータルで「夏服ボックス」と交換でき、「じゃあくな果汁」はレア強敵「トロピカルドラゴ」に挑戦する際に必要。


なお、第1章2話をクリアすると、強敵「まなつのせんし」へ挑戦可能となり、倒すと「じゃあくな果汁」や称号、報酬アイテムを獲得できました。第1章3話をクリアすると、「スイカスポット」に低確率で「スイカ岩」が出現し、倒すことで、イベントに必要なアイテムを大量に獲得可能に。

そして、第1章3話をクリアし、イベントポータルで「じゃあくな果汁」を消費すると、レア強敵「トロピカルドラゴ」に挑戦でき、倒すと「トロピカルドラゴのこころ(≒装備品)」を獲得できました。

ちなみにイベントに登場する強敵はヒャド属性が弱点だったため、後述するピックアップガチャで登場した装備品はいずれも有効でした。また、時を同じくしてイベントミッションも実装されていました。

 

▲イベント期間中「スイカスポット」、通常戦闘、強敵討伐、家などから「まなつのメダル」を獲得でき、「ふくびき補助券(ガチャチケット)」、サマービーチ家具、限定装備などと交換できました(写真右)。なお、交換所のラインナップはイベントクエストを進めることで解放されました。

【SNSキャンペーン】
「夏のフォトキャンペーン」開催
7月9日(木)~8月6日(木)14:59<日数:29日>
特徴:季節イベント、AR機能、Twitter施策

 

AR機能を活用した本キャンペーンでは、期間中に「モンスター図鑑」を開き、モンスターとAR撮影を行うことで「麦わらスライムの置物」が手に入りました。

イベント概要には「撮影した写真は、ハッシュタグ<#ひと夏のウォーク>をつけてTwitterに投稿しよう!」という記載があり、実際に上記のワードでTwitterを検索してみたところ、多くのユーザーが投稿を行っており、拡散施策にも寄与していたことがうかがえます。

 

【夏施策②】シリーズお馴染みの「あぶない水着」が登場


続いて、夏施策における「収益」に寄与した内容を紹介していきます。今回の調査期間でApp Storeセールスランキング1位に輝いたのは、7月9日のタイミングでした。主に寄与したのは、これから紹介するふたつの施策となります。

【調査箇所:2020年7月1日〜7月31日】※再掲
 

【ガチャイベント】
ピックアップあぶない水着ふくびき登場
7月9日(木)~8月27日(木)14:59<日数:50日>
特徴:季節イベント、ピックアップガチャ

 

ピックアップガチャ施策では、「DQ」シリーズでは定番とも言える防具「あぶない水着」をはじめ、開催中のイベントに登場する敵の弱点を突きやすい、ヒャド属性のスキルを使える武器「オーシャンウィップ」などが目玉として登場しました。

余談ですが、このイベント開催中にTwitterでは、プロモーション枠で「あぶない水着」を訴求した動画が配信されていました。その性能もさることながら、見た目の面で男性ユーザー対して強い訴求力を持つ装備であるため、宣伝にも注力していたことがうかがえます。

 

▲ゲーム内で「あぶない水着」と「オーシャンウィップ」を装備した画像。なお、獲得後は特定のボタンを押すことでいつでも男性用と女性用を切り替え可能。

▲ピックアップで登場した装備品4種類。本作の防具は基本的に上下で分かれているため、両方欲しくなってしまうところがポイントです。

なお、本作のガチャ(ゲーム内では「ふくびき」と表現)では、キャラクターが装備できる武器や防具が排出されます。レアリティは、★3(排出率70.0%)→★4(排出率23.0%)→★5(排出率7.0%)の順です。金額感は、ガチャ1回でジェム300個(300円相当)、10連でジェム3000個(3,000円相当)です。

※参考【有償アイテム・ジェムのラインナップ】
・ジェム 有償120個(120円)<単価:1.00円/割引率:0.0%>
・ジェム 有償610個+無償20個(610円)<単価:0.97円/割引率:3.2%>
・ジェム 有償1220個+無償60個(1,220円)<単価:0.95円/割引率:4.7%>
・ジェム 有償2080個+無償120個(2,080円)<単価:0.95円/割引率:5.5%>
・ジェム 有償3060個+無償250個(3,060円)<単価:0.92円/割引率:7.6%>
・ジェム 有償4900個+無償610個(4,900円)<単価:0.89円/割引率:11.1%>
・ジェム 有償10000個+無償1720個(10,000円)<単価:0.85円/割引率:14.7 %>


また、「ジェムでスタンプ」と表記のある10連ガチャは、ジェムを消費して利用するとスカウトスタンプが1回押されます。スカウトスタンプが押された数に応じて、さまざまな報酬を獲得できるのですが、10回目ではピックアップ対象確定の恩恵が得られるという、つまりは天井施策を備えています。

単純計算として、10連10回(100連)では、ジェム30000個必要のため、30,000円でピックアップ対象の装備品が手に入ることになります。ただし、スカウトスタンプはほかのSPスカウトには引き継がれないほか、ピックアップ対象“すべて”の装備品が貰えるわけではありません(たとえば、あぶない水着上だけなど)。

【期間限定セールイベント】
期間限定で「サマーパス」登場
7月9日(木)~7月19日(日)14:59<日数:11日>
特徴:季節イベント、サブスクリプション

 

期間限定で販売されたサブスクリプションでは、有償ジェム500個(500円相当)で購入でき、下記の特典を得られました。なお有効期限は10日間。

●スタンダートパス、ゴールドパスと重複してマイレージポイントを貯められる
●サマーパス専用ログインボーナスが発生


ちなみに「スタンダードパス」「ゴールドパス」とは、一定歩数歩くなどの条件を満たすことで 「マイレージポイント」を貯められるパスのこと(ゴールドは有償ジェムで購入)。そして、貯めたポイントをガチャチケットなどのアイテムと交換できます。

前述しているように、既存のパスと効果が重複するため、マイレージを効率よく貯めるチャンスが生まれるため、既存ユーザーの多くが購入したものではないかと予想できます。また、下記のサマーパス専用ログインボーナスも訴求ポイントのひとつ。

■ログインボーナスの内容
1日目:経験の珠×4(一定時間、フィールド通常戦闘の獲得経験値が50%UP)
2日目:ゴールドの珠×5(一定時間、フィールド通常戦闘の獲得ゴールドが50%UP)
3日目:ゴールド×50000(ゲーム内通貨)
4日目:心珠ポイント×1000(交換用アイテム)
5日目:ひんやりかき氷(仲間全員のHPを1度だけ完全回復)

 

【今後】リアルに根ざした体験を提供し続ける


以上が『DQウォーク』における2020年7月の夏施策でした。実は、夏に関する施策というと、8月中も止まることなくさまざまなキャンペーン及びゲーム内イベントを展開しています。今回は、調査期間やタイミングを鑑みて、夏施策が始まり早々にセールスランキング1位を獲得した箇所にフォーカスをあて分析・精査しました。

直近では、“リアル”を軸にした施策が印象的でした。たとえば、リアルおみやげプロジェクトの始動。本作は、ゲーム内の「ランドマーク」と呼ばれる場所に実際に訪れることで特別なクエストを受注でき、クリアすることで「おみやげ」と呼ばれるゲーム内アイテムを取得できます。今回、その「おみやげ」を実際に作って再現していこうというプロジェクトが「リアルおみやげプロジェクト」となります。
 
▲第1弾は、神奈川県小田原市で創業150年以上の老舗かまぼこメーカー「鈴廣かまぼこ」と共同開発した「スライムかまぼこ」。ゲーム内のランドマークである小田原城にいくことでもらえるおみやげ(スライムかまぼこ)をリアルに再現。2020年7月23日より、期間限定で販売。

また、お気に入りのキャラクターと一緒に写真撮影ができる新機能「キャラAR」を実装。現在はキャンペーン期間中として「キャラクターとAR撮影をする」というミッションをクリアすることで、ジェム500個がもらえます(8月27日14:59まで)。

『DQウォーク』は位置情報ゲームです。まだまだコロナ禍で大変な時期ですが、こうした現実世界に根差した施策は、他作品にはない独自の体験と価値を提供しています。一方、同作は2020年9月で1周年を迎えます。夏場はその準備期間としてさまざまな施策を仕込んでいることでしょう。

「Sp!cemartカレンダー」では、各ゲームのイベント情報をランキング推移と共に閲覧できます。自社はもとより、競合他社の施策一覧を取りまとめた分析などにもご活用できます。ぜひ、ご興味がある方はお問い合わせページからご連絡ください。

Sp!cemart
カレンダー・レポート
お問い合わせ

 
■執筆 <株式会社スパイスマート>
スマートフォンゲーム内運用に関する調査・分析を行うリサーチ事業とコンサルティング事業を展開しており、「Sp!cemart」というサービス名称で各種ソリューションを提供。

コーポレートサイト:http://corp.spicemart.jp/
Sp!cemart 商品に関する問合せ:info@spicemart.jp
 

■Sp!cemartゲームアプリ調査隊 バックナンバー

Vol.1 〜待望のシリーズ最新作『マリオカート ツアー』、リリースから直近1ヵ月の運営施策を探る〜

Vol.2 〜新作リズムゲーム『欅坂46・日向坂46 UNI'S ON AIR』、リリースから直近1ヵ月の運営施策を探る〜

Vol.3 〜初週で全世界1億DLを記録した『Call of Duty®: Mobile』、リリースから直近1ヵ月の運営施策を探る〜

Vol.4 〜Riot Games大特集。新作『Team Fight Tactics』の概要から『LoL』の直近プロモ・e-Sports施策まで〜

Vol.5 流入から定着まで繋げた7つの施策…大ヒット中の『FFBE 幻影戦争』、事前登録からリリース直後の施策を総まとめ

Vol.6 事前プロモ(ほぼ)なし…突如配信された『ワールドフリッパー』ヒットの背景。リリース前後の施策を分析

Vol.7 運営7周年を迎えた長期運営タイトル『にゃんこ大戦争』…長く愛される理由をゲーム“内外”の施策から分析

Vol.8 好調なリスタートを切った『魔界戦記ディスガイアRPG』、リリース中断から再開までの8ヵ月間の動向を分析

Vol.9 大ヒット中の『デュエル・マスターズ プレイス』、売上ランキング2位の背景をIP×マネタイズの観点から分析

Vol.10 スマホ向けパズルゲームのトップを走る『ガーデンスケイプ』の施策とシリーズの強みを分析

Vol.11 海外発のストラテジーゲーム『Rise of Kingdoms -万国覚醒-』がヒットの兆し。リリース前後の施策を分析

Vol.12 ヒットを生み出し続けるYostar待望の新作『アークナイツ』を分析。リリース前施策からマネタイズまで

Vol.13 売上ランキングTOP10入りの『メダロットS』を分析。既存ファンに向けた「メダロット」ならではの露出も

Vol.14 ゲームはスローライフだが運営施策は挑戦的…『どうぶつの森 ポケットキャンプ』これまでの歩み

Vol.15 目指したのは「リアルなミニ四駆体験の追求」…『ミニ四駆 超速グランプリ』ヒットの背景を分析

Vol.16 『モンスト』×「鬼滅の刃」コラボを分析…IP頼りで終わらず、推奨行動など多様な施策で盛り上げる

Vol.17 放置ゲームの新たな形『ロストディケイド』の挑戦。“放置させない”循環や独自性の高いマネタイズも

Vol.18 『モンスターハンター ライダーズ』はゲーム系IP作の新境地。改めて考えるモンスターの価値と魅力

Vol.19 原作再現度の高さで話題沸騰――大ヒット中『このファン』のゲーム内外施策を調査

Vol.20 新旧ではなく共存共栄――『あんさんぶるスターズ!!Basic&Music』リリース前後のゲーム内外施策を調査

Vol.21 周年施策から辿る『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』大ヒットの背景。1・2・3周年でなにが起こったのか

Vol.22 原作の裾野を広げる『ヒプノシスマイクARB』。話題沸騰の「ヒプマイ」ゲームアプリのリリース前後施策を分析

Vol.23 『ディズニーツイステッドワンダーランド』TOP3入りの背景。ゲーム内外の演出と注目ポイントを分析

Vol.24 無料DL・セルラン共に急上昇――最新作『あつ森』発売後、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』で何が起こったのか

Vol.25 中国テンセントゲームズが放つ近未来MMORPG『コード:ドラゴンブラッド』が大ヒット。国内ユーザーに響いた理由を探る

Vol.26 セルラン首位を2度獲得した『FFBE 幻影戦争』。該当期間にフォーカスして徹底分析

Vol.27 放置ゲームの新たなヒット作『魔剣伝説』。“縦画面のMMORPG”を謳った功罪からゲーム概要まで

Vol.28 『Ash Tale~風の大陸~』が1周年。人気を継続する背景をゲーム内施策から紐解く

Vol.29 原作と二次創作へのリスペクトに満ち溢れた『東方LostWord』。大ヒット中の東方×スマホゲームの施策を分析

Vol.30 勢いが止まらない『ディズニー ツイステッドワンダーランド』…ランキング上位を維持する背景とその魅力

Vol.31 最近話題の「ハイパーカジュアルゲーム」。人気タイトル3本のマネタイズと画面UIを徹底分析

Vol.32 硬派な海外IPタイトルでも中身は日本人好み…『Fallout Shelter Online』国内ヒットの背景を分析

Vol.33 『白猫プロジェクト』×「鬼滅の刃」コラボを分析…新規・休眠復帰ユーザーの流入にも大きく貢献

Vol.34 間もなく夏本番。長期間展開する「夏休み施策」で各社どのような取り組みを行っているのか

Vol.35 リニューアルから早3ヵ月…『あんさんぶるスターズ!!Basic/Music』が示した共存共栄と5年間の厚み

Vol.36 リリース1週間でセルランTOP10入りを果たした新進気鋭の放置型RPG『AFKアリーナ』、国内ヒットの背景を分析

Vol.37 国内を賑わす“ケモガールRPG”『レッド:プライドオブエデン』とは。キャラの魅力を存分に引き出す演出と施策を分析

Vol.38 セルラン最高1位の『ドラゴンクエストタクト』ヒットの背景を分析。信頼と懐かしさと、裾野を広げた関連作の存在

Vol.39 歴代キャラの支えと、新規性に富んだオリジナル要素のチャレンジ。『テイルズ オブ クレストリア』のリリース前後を分析

Vol.40 セルラン1位を獲得した『アークナイツ』。該当期間にフォーカスして徹底分析

Vol.41 『ドラゴンクエストタクト』配信から1ヵ月。セルラン1位を3度も獲得した背景に「りゅうおう」の存在
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( スクウェア・エニックスドラゴンクエストウォーク(DQウォーク)

企業情報(株式会社スクウェア・エニックス)

会社名 株式会社スクウェア・エニックス
URL http://www.square-enix.com/
設立 2008年10月
代表者 松田 洋祐
決算期 3月
直近業績 売上高1949億円、営業利益314億円、経常利益320億円、最終利益242億円(2020年3月期)
上場区分
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事