20年7-9月決算、GRAVITYに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > GRAVITY、「ラグナロクオンライン」IPをMMORPG以...

GRAVITY、「ラグナロクオンライン」IPをMMORPG以外にアクション、バトルロイヤル、ストーリーRPGなど多面展開

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>子会社のGRAVITYの第3四半期(7~9月)の決算発表で、「ラグナロクオンライン」のIPを活用したタイトルを展開する方針を明らかにした。起源ともいえるMMORPGだけでなく、放置ゲームやストーリーRPG、バトルロイヤル、アクションMORPGなど多彩な展開を行っていく。

『Ragnarok X: Next Generation』について東南アジアで2021年上半期中にリリースすることを明らかにした。こちらは10月15日に台湾、香港、マカオでリリースされており、大ヒットしている。

すでに報じたように『Ragnarok Origin』も2021年上半期中に日本国内でリリースする予定だ。こちらも韓国で大ヒットしており、日本リリースへの期待が高まっている。

また、放置MMOPRG『The Labyrinth of Ragnarok』については、今年12月にタイとインドネシアでローンチする予定。すでにフィリピンとシンガポール、マレーシアで10月14日より配信されている。

このほか、ラグナロクオンラインベースのIPとして以下のタイトルを予定している。

・ストーリーRPG『The Lost Memories: a Song of Valkyrie』は、タイで2021年上半期中にリリースする予定。韓国にある子会社のネオサイオンが開発している。

・バトルロイヤルRPG『Ragnarok: Battle Academy』は、2021年上半期中にタイでリリースする予定。こちらはガンホーが発表した。

・3DアクションMORPG『Action RO2: Spear of Odin』は、インドネシアとマレーシア、フィリピン、シンガポール、オーストラリアで2021年上半期中にリリースする予定。こちらもネオサイオンが開発している。

・PC MMORPG『Ragnarok Begins』は、韓国で配信する予定。

なお、「ラグナロクオンライン」以外のIPでは以下のタイトルを予定しているとのこと。

・FPS『Tactical Warfare』は、北米・中米・南米で2020年第4四半期中に米国子会社のGravity Interactiveよりリリースする予定。

・MMORPG『Tera Classic(テラクラシック)』は、2021年1月に日本でGravity Game Ariseよりローンチ予定。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ガンホー・オンライン・エンターテイメントRagnarok Origin(ラグナロクオリジン)20年7-9月決算

企業情報(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)

会社名 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
URL http://www.gungho.co.jp/
設立 1998年7月
代表者 森下一喜
決算期 12月
直近業績 売上高923億円、営業利益343億円、経常利益343億円、最終利益223億円(2017年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3765

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事