IDOLY PRIDE(アイドリープライド)、サイバーエージェントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > サイバーエージェント、『IDOLY PRIDE』初単独イベン...

サイバーエージェント、『IDOLY PRIDE』初単独イベントのレポートを公開! 朗読劇やライブパフォーマンスなど盛りだくさんの150分

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

サイバーエージェント<4751>、ミュージックレイン、ステレートエッジとの3社共同によるアイドルプロジェクト『IDOLY PRIDE』の初となる単独イベント『IDOLY PRIDE - VENUS STAGE / RE:BEGINNING -』が開催された。本来は、5月10日舞浜アンフィシアターで行われる予定だった本イベントのオフィシャルレポートが到着した。

<以下、オフィシャルレポート>

イベントに出演したのは、天才アイドルを演じる神田沙也加(長瀬麻奈役)。TRINITYAiLEを演じる雨宮天(天動瑠依役)、麻倉もも(鈴村優役)、夏川椎菜(奥山すみれ役)。そして星見プロダクションの新人アイドルを演じる、橘美來(長瀬琴乃役)、菅野真衣(川咲さくら役)、結城萌子(一ノ瀬怜役)、夏目ここな(伊吹渚役)、佐々木奈緒(佐伯遙子役)、宮沢小春(白石沙季役)、高尾奏音(白石千紗役)、相川奏多(成宮すず役)、日向もか(早坂芽衣役)、首藤志奈(兵藤雫役)。そして、MCを担当したのは、岩井勇気(ハライチ)と豊崎愛生(赤崎こころ役)となる。

キャラクターたちそれぞれが胸に秘めた想いを抱えながら汗と涙を流し、アイドルの最高峰を目指すという『IDOLY PRIDE』のPVが流れると、新人アイドルの星見プロの10人がステージに並ぶ。そこから映像とともに、TRINITYAiLEの3人、そして長瀬麻奈役の神田沙也加がステージに立ち、この日パフォーマンスをする14人が揃った圧巻のオープニング。
 
そこから星見プロの10人が残って披露したのが「Shine Purity〜輝きの純度〜」。ステージを横いっぱいに使った10人による迫力のパフォーマンス。ダンスのレベルも今年2月の初披露時から比べると、格段に洗練されていた。
 
ライブを終えると、モニターにイベントロゴが表れ、MCの二人が登場する。初の単独イベントらしくタキシードとドレスというフォーマルな衣装で登場した岩井さんと豊崎さん。二人の気合いもなかなかのものだ。さっそく『IDOLY PRIDE』のプロジェクト始動から1年の軌跡を振り返っていく。
 
星見プロの新人アイドルを、ミュージックレイン3期生と多数の事務所からオーディションで抜擢された声優が演じることが発表されたのが約1年前。そこで新グループTRINITYAiLEをTrySailとしても活躍する3人が担当することも発表され、その後、スフィアとしても活躍する4人がLizNoirの声を担当すること、さらに3月には、物語のキーとなる長瀬麻奈役を神田沙也加が務めることが発表された。メインキャストが揃うと、その後は豪華作家陣によって生み出された楽曲のMVが次々と公開され、『IDOLY PRIDE』への期待がさらに大きくなっていく。そして、2021年1月のTVアニメ放送を控え開催されたのが、今回のイベントということになる。


 
これまでの歩みを振り返ったあとは、よりキャラクターたちのことを知ってもらおうと、キャストによる朗読劇が行われた。
 
朗読劇は、LizNoirのライブを見たあとの、佐伯遙子と長瀬麻奈という仲の良い2人の会話から。ライブ後に大好きなカレーを食べようと誘ったり、カラオケ、さらにその後練習をしようとする麻奈のエネルギッシュさ、それに振り回される遙子のやり取りにほっこりする。
 
続いて、LizNoirのライブ鑑賞会を終えた星見プロの寮のリビングに場面が切り替わる。LizNoirのパフォーマンスに圧倒された星見プロ(遙子以外の9人)だが、すずの負けん気から、LizNoirに勝つ方法をみんなで考えることに。
 
すずがセンターになろうとしたり、雫の案で、LizNoirの決めセリフを言ってみたり、話があさっての方向に行きかけるのだが……。結局、さくらの妙に説得力のあるポジティブ思考で、一歩一歩、みんなで前へ進んでいこうとまとまるあたり、星見らしいドタバタ感があってかわいらしかった。
 
続いて登場したのは、TRINITYAiLEの3人。それぞれが忙しい3人だが、仕事を終えたあとに集合し、お鍋をしようという心温まる展開。スーパーで買い物をして、瑠依の部屋へ行き、鍋を食べたあとは、3人で瑠依の部屋にお泊りをするという、3人の仲の良さが伝わるエピソードだった。瑠依のグミ好きや瑠依と優がお隣同士など、キャラの関係性も分かったのも面白い。
 
キャラクターの関係性が明らかになってきた朗読劇を終えると、Q-MHzが手掛けたLizNoirの新曲「The Last Chance」と、アニメのEDにも使われる星見プロの「The Sun, Moon and Stars」のMVが流れ、換気休憩。その後はいよいよリアルライブパートとなる。
 
トップバッターは長瀬麻奈。麻奈のかわいさが全開の初公開アニメーションMVを使用した映像と共に届けた「First Step」。誰もが恋をしてしまうような、みんなが憧れる天才アイドルを、そのままステージで再現している神田沙也加のパフォーマンスは、映像と同じくとてもキラキラしていた。“いま始まるStory”という歌詞の通り、ワクワクが詰まった軽やかな歌声が心地いい。
 
挨拶をし「私が演じている長瀬麻奈ちゃんの1stシングルのリリースが決定しました! 3月3日にリリースします」と報告すると、バーチャルライブでも披露した「星の海の記憶」へ。
 
疾走感の中に切なさが詰まっていて、アニメーションでも星の海と、それを見つめる麻奈の切ない表情が印象的だった。後半は星に乗って夜空を駆ける、笑顔の麻奈が見られるのだが、それと同じように花道を軽快に駆けていく神田。センターステージで、心を込めて落ちサビを届けると、最後はキラッキラの笑顔で、“笑顔でずっといられるように”と心を込めて歌い、再びメインステージに駆け戻り、曲を終える。
 
続いて登場したのはTRINITYAiLE。「Aile to Yell」で、花道で手を振りながらゆっくりとセンターステージまで歩いていくと、息の合った3人のパフォーマンスと、力強い歌声を響かせ、みんなにエールを送る。
 
歌い終わり、3人それぞれが挨拶をすると2曲目は「réaliser」。3つの翼であるTRINITYAiLEの深い絆が強く感じられる楽曲で、3人ならば、どこまでも高い場所へ行けると感じさせてくれる。3人の想いが重なった歌声など、とても心揺さぶるパフォーマンスだった。


 
最後に登場したのは星見プロダクションの10人。かわいいイラストと歌詞が映し出された映像をバックに歌った、アニメOPテーマ「IDOLY PRIDE」。10人とも笑顔が溢れていて、途中5人ずつに分かれたり、10人に戻ったり、フォーメーションダンスでも楽しませてくれた。「せーの」と10人でタイミングを合わせるところも初々しい。


 
「会場の皆さん、ライブビューイングのみなさん盛り上がっていますか?」と橘が言うと、そのまま10人の挨拶へ。それぞれがセリフを言ったり、煽ったりしながら、お客さんを盛り上げていく。
 
さらに初解禁・初披露の新曲「Fight oh! MIRAI oh!」へ。みんなを勇気づけてくれるハイテンションナンバーで、階段の上と下に分かれてのパフォーマンス。振り付けもシンプルで、拳を振り上げたり、手を左右に振ったりするところが多かったので、今後ライブで歌い続けることで、きっと観客との一体感を確認するナンバーになるはずだ。
 
そして最後は「サヨナラから始める物語」。10人で花道を歌いながら歩き、センターステージでは、会場360度に向けて声を届ける。一斉にジャンプするところもバッチリ決まっていた。歌のラストは再びメインステージに走って戻り、10人一列になって高くジャンプ!全力で駆け上がっていく星見プロらしさ全開のパフォーマンスだった。
 
ライブパートが終わると再びMCの二人が登場。1月12日から31日まで、秋葉原アトレとのコラボイベントが開催されることや、2021年2月10日から6週連続でCDがリリースされることなどの情報が次々と発表される。
 
さらに、会場とライブビューイングに来たマネージャーにだけ「星見プロの企画提案書!!5つの機密事項!」を発表! 情報解禁されたタイミングで、それぞれが告知に協力するようにと伝えられた。機密事項と言うだけに、なかなか衝撃の発表ばかりだったので、これは正式発表が待ち遠しい。
 
キャストによる朗読劇やライブパフォーマンス、そして数々の情報解禁など、盛りだくさんの内容の150分。1月10日のアニメの放送が待ち遠しくなる、スペシャルなイベントだった。


 
■関連サイト
 

公式サイト

公式Twitter



© Project IDOLY PRIDE

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( IDOLY PRIDE(アイドリープライド)サイバーエージェント

企業情報(株式会社サイバーエージェント)

会社名 株式会社サイバーエージェント
URL http://www.cyberagent.co.jp/
設立 1998年3月
代表者 藤田晋
決算期 9月
直近業績 売上高3713億円、営業利益307億円、経常利益287億円、最終利益40億円(2017年9月期)
上場区分 東証1部
証券コード 4751

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事