21年1-3月決算、コーエーテクモホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > コーエーテクモHD、21年3月期の家庭用ゲームの売上高は31...

コーエーテクモHD、21年3月期の家庭用ゲームの売上高は31%増の307億円…『ゼルダ無双 厄災の黙示録』全世界370万本出荷、海外でDL販売大幅増

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


コーエーテクモホールディングス<3632>は、2021年3月期の決算で、家庭用ゲームソフトの売上高が前の期比31.4%増の307億4800万円と大きく伸びたことを明らかにした。内訳を見ると、パッケージが同29.9%増の175億5800万円、ダウンロード販売が同40.9%増の111億7000万円だった。またダウンロードコンテンツも同3.1%増の20億2000万円と伸びた。

 


『ゼルダ無双 厄災の黙示録』が全世界で累計出荷本数370万本を突破し、『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』は欧米・Steam版を1月に発売し、全世界累計で36万本の出荷、「ライザのアトリエ」シリーズは2作合計でミリオンセールスを達成した。『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』も2月に欧米で発売した。

また、この期の特徴として、やはりダウンロード販売の伸びが目立ったことがあげられる。国内は横ばいとなる0.3%増の2970万DLだったが、海外は同107.5%増の6930万DLと大きく伸びた。パッケージ販売に比べて採算性が高いため、利益にも貢献したようだ。他方、パッケージ販売は国内が同29.0%減の211万本、海外が同5.4%増の800万本だった。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 21年1-3月決算コーエーテクモホールディングス

企業情報(コーエーテクモホールディングス株式会社)

会社名 コーエーテクモホールディングス株式会社
URL http://www.koeitecmo.co.jp/
設立 2009年4月
代表者 代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期 3月
直近業績 売上高346億円、営業利益62億円、経常利益88億円、当期純利益56億円(2013年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3635

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事