【決算まとめ③】ゲーム関連企業31社の1-3月…『ウマ娘』がサイバーエージェントにもたらした絶大な収益インパクト グリーとギークスも新作が寄与

主要モバイルゲーム企業の2021年1~3月期の決算の決算を引き続き振り返ってみたい。今回は、各社の売上高と営業利益の状況をまとめてみた。

まずは四半期売上高100億円以上の企業をまとめたグラフを見ると、特筆すべきなのはやはりサイバーエージェント<4751>躍進だろう。同社の前四半期のゲーム事業の売上高は、ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>やガンホー<3765>、ミクシィ<2121>と並ぶような水準だったのだが、この1~3月期については、ほぼ倍の水準まで伸長している。

これもひとえに子会社Cygamesが2月24日にリリースした新作『ウマ娘 プリティーダービー』が大ヒットを記録していることがもたらした結果だが、『ウマ娘』はその後もストアランキングの首位を独走するような展開が続いており、3カ月間フル寄与となる次の四半期も同社の業績の好調が続く可能性は高いと思われる。



四半期売上高100億円未満の企業を見ると、KLab<3656>が70億円台から60億円台へと売上を落としている一方、ギークス<7060>の売上高がQonQで約2.5倍に急増している。

ギークスの大幅増収は、ゲーム事業で2タイトルを納品したことによるフロー売上の部分が大きく寄与しているためだが、同社のビジネスモデルでは納品後の運営によるストック売上も計上される形となり、直近のサービス終了の影響で低下していたストック売上が次の四半期以降は回復してくる見通しだ。



次に営業利益の四半期推移に目を移すと、まずは営業利益10億円以上の企業については、11社と前四半期の13社から減少した。これは一過性の費用・損失計上などで、DeNAとセガサミーHD<6460>、コナミHD<9766>の3社が大幅赤字に転落したことが主な要因だ。

一方で、グリー<3632>は、前四半期比で営業利益が3倍になるなどV字型の回復となった。これは1月20日に配信開始した新作『アサルトリリィ Last Bullet』の寄与に加え、広告宣伝費が前四半期比でおよそ半額に抑えられていることもプラスに働いたもようだ。

そして売上高でもその躍進ぶりが目立ったサイバーエージェントは、ゲーム事業の営業利益だけで230億円台という驚異的な数字を記録した。オリジナルIPタイトルでのヒットが利益率にプラスに働くことは周知のことではあるのだが、あらためて『ウマ娘』のもたらしたインパクトの強烈さが実感できる数字と言えそうだ。



営業利益10億円未満の企業については、赤字企業が前四半期の7社から10社に増加した。なお、グラフは赤字幅が数十億円単位と大きい、上記のDeNA、セガサミーHD、コナミHDは除外したものとなっている。

気掛かりなのは、やはり5億円強の営業赤字計上となったKLab<3656>だろう。これは『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS』と『テイルズ オブ クレストリア』の2タイトルが想定を下回ったことが大きく、同社は両タイトルの帳簿価額の全額の減損処理に踏み切った。一方で、4月にカジュアルゲームの開発を行うグローバルギアの買収を実施しており、カジュアルゲームでの事業成長というシナリオを今後しっかりと描いていくことができるのかどうかは注目されるところだ。



【関連記事】
【決算まとめ①】ゲーム関連企業31社の1-3月…『ウマ娘』の大ヒットでサイバーエージェントが驚異的な飛躍 『スクスタ』と『テイクレ』苦戦のKLabが低調

【決算まとめ②】ゲーム関連企業31社の1-3月の営業赤字企業は10社と増加が続く DeNAとセガサミーHD、コナミHDが大幅な赤字を計上 
 
グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高567億6600万円、営業利益53億7800万円、経常利益110億9800万円、最終利益135億2600万円(2021年6月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3632
企業データを見る
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高4785億6600万円、営業利益338億8000万円、経常利益338億6300万円、最終利益66億800万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る
KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高339億円、営業利益21億円、経常利益15億円、最終利益7億6000万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3656
企業データを見る
ギークス株式会社
http://geechs.com/

会社情報

会社名
ギークス株式会社
設立
2007年8月
代表者
代表取締役CEO 曽根原 稔人
決算期
3月
直近業績
売上高34億2700万円、営業利益7億3800万円、経常利益7億1300万円、最終利益4億5700万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7060
企業データを見る