アエリア、第1四半期は売上高88%減…AGEの連結からの離脱で

アエリア<3758>は、本日(5月13日)、第1四半期(1~3月期)の連結決算を発表し、売上高1億9700万円(前年同期比88.4%減)、営業損益1億3000万円の赤字(同1億2400万円の赤字)、経常損益1億8600万円の赤字(同9300万円の赤字)、当期純損益1億5900万円の赤字(同1700万円の黒字)だった。       オンランゲームを展開するAeria Games & Entertainmentが連結対象から外れたことに伴い、売上高が大きく減少したようだ。さらに、スマートフォン向けのオンラインゲームの新規タイトルのリリースに遅れが生じたことに加え、開発費などの先行費用が増加したことも一因となったとのこと。     ■2013年12月期の見通し 2013年12月期は、売上高17億円(前期比72.4%減)、営業利益9000万円(前期8億3500万円の赤字)、経常利益1億2000万円(同9億2600万円の赤字)、当期純利益1億円(同79.2%減)を見込む。  
株式会社アエリア
http://www.aeria.jp/

会社情報

会社名
株式会社アエリア
設立
2002年10月
代表者
代表取締役会長 長嶋 貴之/代表取締役社長 小林 祐介
決算期
12月
直近業績
売上高257億円、営業利益3億6400万円、経常利益4億1100万円、最終損益45億2100万円の赤字(2020年12月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
3758
企業データを見る