【続報】『パズル&ドラゴンズ』と『Clash of Clans』とのコラボは日本でも実施

ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>は、本日(6月7日)、超人気パズルRPG『パズル&ドラゴンズ』がSupercellの『Clash of Clans』とのコラボレーション企画を実施すると発表した。先に報じたように、米国子会社が発表したため、米国での展開と思われたが、日本国内でも開催される。開催期間は6月24日~7月7日となっている。

今回の企画では、『パズル&ドラゴンズ』のスペシャルダンジョンに『Clash of Clans』をモチーフにしたダンジョンが出現する。ダンジョンでは「バーバリアン」や「ヒーラー」、「ゴブリン」など『Clash of Clans』でおなじみのキャラクターたちが待ち受ける。コラボレーション企画には、iOS端末だけでなく、Android端末やKindle Fireからでも利用できるという。

また、『パズル&ドラゴンズ』に登場するモンスター「CoC・バーバリアン」、「CoC・ヒーラー」そして「CoC・ゴブリン」のイラストが公開された。今後、キャラクター画像やダンジョン情報などの詳細については、追って公開するとのこと。

 

 

このほか、ガンホーの米国子会社がSupercellの『Clash of Clans』と『Hayday』で『パズル&ドラゴンズ』のプロモーションを行う旨の発表も行なっている。

『Clash of Clans』は、App Annieの集計によるとApp Storeでは世界で2番目の売り上げを誇るタイトルである。チャットなどが日本語に対応しているものの、ゲームの表示は日本語には対応していないこともあり、日本での売上ランキングは80位程度と他国での展開に比べて立ち遅れている。そして、コラボ特設ページを見ると、近日、アプリは日本語に対応する予定との注記があり、SuperCellとしては『Clash of Clans』を日本への売り込みを強化したいと考えているようだ。今回のコラボは、米国を中心に『パズル&ドラゴンズ』の世界展開を考えるガンホーと、日本展開を強化するSuperCellの思惑が一致したものといえるのかもしれない。

 

 

■Supercell CEO Paananen氏のコメント

このたび、ガンホー社と一緒にお仕事をさせていただくこととなり、スマートフォン向けゲームで素晴らしい実績をお持ちのガンホー社から勉強させていただけることを大変光栄に思っております。お互いを知れば知るほど、両社のゲームに対する思いの類似点を強く実感している次第です。 Supercellはモバイル市場における両社のさらなる発展のために全力を尽くし今後も今まで以上の「楽しさ」をお届けしてまいります。

 

 

■『パズル&ドラゴンズ』

公式サイト

コラボ特設サイト

Google Play版

App Store版

Amazonアプリストア版

 

 

(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

(C)2013 Supercell. All Rights Reserved.

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
http://www.gungho.co.jp/

会社情報

会社名
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
設立
1998年7月
代表者
代表取締役社長CEO 森下 一喜
決算期
12月
直近業績
売上高988億4400万円、営業利益301億5700万円、経常利益:302億200万円、最終利益163億6900万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3765
企業データを見る

会社情報

会社名
Supercell
企業データを見る