KLab、『ラブライブ!』の大ヒットで5月は営業黒字に! 計画よりも4カ月早く

KLab<3656>は、本日(6月18日)、『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』のヒットで、5月度単月で営業損益が黒字転換したことを明らかにした。 同社の業績は、2013年12月期第1四半期より営業赤字を計上しており、単月においても赤字決算が続いていたとのこと。また2013年9月度から単月黒字化するものと見込んでいたという。 同社では、計画より早く単月黒字化を達成した要因として以下の点をあげている。 (1)新作のヒットによる売上高の増加。とりわけ4月より提供を開始した『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』や、グループ子会社が提供する『幽☆遊☆白書 ‐魔界統一最強バトル‐』などが寄与した。 (2)既存作の堅調な推移 (3)外注費を中心としたコスト削減を計画以上のスピードで推進 注目は、なんといっても『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』だろう。5月の単月業績はiOSアプリのみだが、6月からはAndroidアプリ版も加わる。両デバイスとも快進撃を続けており、今後も業績のさらなる伸びが期待される。

【関連記事】

Android版『ラブライブ!』がわずか6日で売上ランキングでトップ10入り【13日追記】【AppStoreランキング(ゲーム売上、6/15)】 「パズル&ドラゴンズ」が40週連続1位 ラブライブ2位、海外勢も伸びる

  なお、連結の単月売上高と営業利益は集計中のため速報値であり、監査法人の監査を受けておらず、今後修正する可能性があるとのこと。     (C)2013 プロジェクトラブライブ! (C)KLabGames (C)bushiroad All Rights Reserved.
KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高238億9500万円、営業損益11億500万円の赤字、経常損益10億2800万円の赤字、最終損益34億6800万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3656
企業データを見る