インテリジェンステクノロジー、浮世絵ソーシャルRPG『こわい日本昔ばなし』のmixi版をリリース

インテリジェンステクノロジーは、独特の世界観を持つソーシャルゲームとして注目を集めた『こわい日本昔ばなし』について、スマートフォン版「mixiゲーム」でリリースした。すでに「Mobage」や「GREE」でも配信されているが、あらためてゲームの概要を紹介しておこう。 本作は、九尾の狐や猫股など日本の昔ばなしに登場する浮世絵の妖怪を退治していくソーシャルRPG。プレイヤーは、物語を進めて特殊な武具を集めつつ、他のプレイヤーと協力しあって妖怪を討伐し、犠牲になった人々の魂を救出していく。武器については、他の武器と合成することで強化することができる。 このほか、物語を進めるだけでなく、町人からの依頼を達成して様々な報酬を得たり、特定の時間帯に出現する妖怪の親玉「百鬼夜行」と戦ったりすることもできる。とりわけ「百鬼夜行」は、日頃退治した妖怪の数に応じて強さが変わる。いわゆるレイドボスで他のプレイヤーに支援してもらうことも可能だ。       ■関連サイト 『こわい日本昔ばなし』
株式会社ミクシィ
http://mixi.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ミクシィ
設立
1997年11月
代表者
代表取締役社長 木村 弘毅
決算期
3月
直近業績
売上高1180億9900万円、営業利益160億6900万円、経常利益170億2600万円、最終利益102億6200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2121
企業データを見る