【ゲーム株概況】新作『ジョジョ』配信開始でドリコムが8%高…新株発行のオルトプラスは売られる

3月11日の東京株式市場でドリコム<3793>の上昇が目立った。開発に関わった新作ゲームのリリースを材料に上昇した。一方、上場市場変更とともに新株発行を実施すると発表したオルトプラス<3672>は下げた。

ドリコムの終値は前日比1万9900円(7.9%)高の27万2900円。開発を担当したバンダイナムコゲームス<7832>の新作アプリ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ』が前日Google Playで配信開始となり(関連記事)、収益貢献を期待した買いが入った。一方、バンダイナムコ<7832>には好感する買いは膨らまず、小幅安で取引を終えた。

一方、オルトプラスが3%安と下落。前日に上場市場を東証1部または2部に変更すると同時に、新株発行(公募増資)で12.8億円を調達すると発表(関連記事)。新株発行で一株あたりの価値が希薄化すると懸念した向きの売りに押されたもよう。

また、Cygamesは前日、Mobageで期待の大作ブラウザゲーム『グランブルーファンタジー』をリリースした。プラットフォームを運営するディー・エヌ・エー<2432>、Cygames親会社のサイバーエージェント<4751>ともに株価は約2%上昇しており、ひとまず市場は好感しているもよう。今後はランキング推移など、実際の収益貢献を見極めていきたい。


以下、11日の主なゲーム企業の株価と騰落(単位は円)。
銘柄名 証券コード 終値 前日比 前日比率
ドリコム 3793 272,900 19,900 7.87%
ディー・エヌ・エー 2432 2,246 45 2.04%
ミクシィ 2121 6,500 110 1.72%
サイバーエージェント 4751 4,750 75 1.60%
ネクソン 3659 895 14 1.59%
アクセルマーク 3624 725 10 1.40%
セガサミーHD 6460 2,427 26 1.08%
日本ファルコム 3723 893 5 0.56%
マーベラスAQL 7844 775 3 0.39%
コナミ 9766 2,610 4 0.15%
コーエーテクモHD 3635 1,305 1 0.08%
任天堂 7974 12,395 -5 -0.04%
アエリア 3758 1,710 -2 -0.12%
日本一ソフトウェア 3851 785 -1 -0.13%
クルーズ 2138 6,990 -20 -0.29%
ボルテージ 3639 1,758 -12 -0.68%
モブキャスト 3664 965 -7 -0.72%
enish 3667 2,102 -16 -0.76%
バンダイナムコHD 7832 2,342 -18 -0.76%
エイチーム 3662 6,550 -50 -0.76%
GMOインターネット 9449 1,157 -10 -0.86%
コロプラ 3668 2,985 -30 -1.00%
グリー 3632 1,131 -16 -1.39%
KLab 3656 679 -10 -1.45%
カプコン 9697 1,955 -31 -1.56%
ガンホー 3765 638 -21 -3.19%
スクウェア・エニックスHD 9684 2,322 -78 -3.25%
オルトプラス 3672 1,850 -63 -3.29%
ケイブ 3760 2,235 -88 -3.79%
ガーラ 4777 195 -12 -5.80%
株式会社ドリコム
http://www.drecom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ドリコム
設立
2001年11月
代表者
代表取締役社長 内藤 裕紀
決算期
3月
直近業績
売上高105億2800万円、営業利益15億9100万円、経常利益15億4100万円、最終利益8億700万円(2022年3月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3793
企業データを見る
株式会社オルトプラス
http://www.altplus.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社オルトプラス
設立
2010年5月
代表者
代表取締役CEO 石井 武
決算期
9月
直近業績
売上高72億9100万円、営業損益5億5400万円の赤字、経常損益3億4800万円の赤字、最終損益3億8800万円の赤字(2021年9月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3672
企業データを見る