コロプラ、提供するスマートフォン向けアプリが累計8000万ダウンロードを突破…現在78タイトルを配信中


 
コロプラ<3668>は、本日(3月18日)、提供するスマートフォン向けアプリが3月15日時点で累計8000万ダウンロード突破したことを発表した。なお、ダウンロード数はGoogleが提供するGoogle Analyticsのウェブ解析サービスで集計しており、ダウンロード数には特定ユーザが複数回ダウンロードした数値も含まれているとのこと。

同社のスマートフォン向けアプリでは、「Kuma the Bear」ブランド提供によるカジュアルゲームおよび、リッチで本格的なオンラインゲームを提供している。2011年9月、「Kuma the Bear」ブランド第一弾となるコインゲーム『きらきらドロップ!』の提供を皮切りにスマートフォン向けアプリ開発を本格的に開始。『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』、『プロ野球PRIDE』、『軍勢RPG 蒼の三国志』など、Google Playの国内売上ランキング上位に位置するアプリをはじめ、今では78タイトルものアプリを配信中。

そして、2014年2月にはコロプラ初のフル3Dリアルタイム通信対戦を導入した、ひっぱりアクションRPG『スリングショットブレイブズ』を、同年3月にはコロプラ初となるファミリー向け知育アプリ『ほしの島のにゃんこ』の提供を開始した。


■関連サイト

「Kuma the Bear」紹介サイト

「オンラインアプリ」紹介サイト

 
株式会社コロプラ
https://colopl.page.link/Am8B

会社情報

会社名
株式会社コロプラ
設立
2008年10月
代表者
代表取締役社長 馬場 功淳
決算期
9月
直近業績
売上高451億2800万円、営業利益122億5000万円、経常利益117億9000万円、最終利益79億7700万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3668
企業データを見る