ポールトゥウィン、ゲームローカライズ初の国際的競技会「第一回LocJAM コンペティション」に審査員として協力

ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス<3657>の傘下で、ゲームのデバッグ(不具合検出)や検証事業、ローカライズ(翻訳)事業を手掛けるポールトゥウィンは4月3日、ゲーム翻訳者を対象とした初の国際的競技会「第一回LocJAM コンペティション」において、英語から日本語翻訳のクオリティを評価する審査員として協力すると発表した。

「第一回LocJAM コンペティション」は、全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOであるIGDAのローカリゼーション専門部会「Localization SIG」が主催として4月5日~13日に開催する。ゲームローカライズで初の開催となる国際的な競技会という。元となる英語のゲームを日本語などに翻訳し、その翻訳品質を競う。

ゲームローカライズに興味を持つすべての人を対象にオンラインで実施され、興味のある人は誰も参加可能。参加費は無料で、入賞者には企業のスタジオ見学と翻訳の業務委託の申し出という特典が授与される。入賞者の発表は2014年6月を予定している。

IGDA日本(NPO法人国際ゲーム開発者協会日本)に加え、15社を数える国際的なゲームローカリゼーションベンダー、翻訳ツールベンダーなどが開催に協力しており、ポールトゥウィンもゲームローカリゼーションベンダーの1社として協力する。


■関連リンク

第一回LocJAMコンペティション

 
ポールトゥウィン株式会社
http://www.ptw.co.jp/

会社情報

会社名
ポールトゥウィン株式会社
設立
1994年1月
代表者
津田哲治
上場区分
非上場
企業データを見る