サイバーエージェント、Ameba事業で構造改革を実施…人員を1600名から半減、800名を新たな成長分野へ転換 

サイバーエージェント<4751>は7月24日、都内で開催した決算説明会において、Ameba事業の構造改革を実施すると発表した。同事業の人員を現在の約1600名から約800名に半減させ、Ameba事業から離れる800名を新たな成長分野に異動させる。これまでのブラウザプラットフォーム戦略から、フルネイティブアプリ強化体制へ転換する。

Ameba事業ではこれまで、ゲームやコミュニティサービスを提供することで、スマートフォンにおけるブラウザベースでのプラットフォームを確立させる戦略を取っていた。今回の構造改革で、フルネイティブアプリ強化に経営資源を振り向ける。

今回の構造改革で、CP事業本部、コミュニティ事業本部、新規事業の3事業部を新設し、Ameba事業から離れる800名を異動させる。

CP事業本部はゲーム、コミュニティ以外のフルネイティブアプリ事業を、内製や提携、M&A(合併と買収)を通じて推進する。コミュニティ本部は、Amebaの既存コミュニティサービスの運営を移管し、サービスのフルネイティブアプリ化を進める。新規事業では、音楽や動画などに関連する新規サービスの創出を目指す。

構造改革を通じて、現在のAmeba事業の利益構造も強化する。売上高は当面、緩やかな成長を維持しつつ、コスト削減によって2015年9月期(来期)に100億円の利益を生み出せる体質を目指す。収益はゲーム中心となる見通しだ。
 


 
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る