KONAMI、『jubeat plus』と『REFLEC BEAT plus』で「→Pia-no-jaC← PACK」を配信開始。『REFLEC BEAT plus』には「ハイテンションジブリ PACK2」も

コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)は、iOS/Xperia/kindle向け音楽シミュレーションタイトル『jubeat plus』の最新ミュージックパックとなる「→Pia-no-jaC←『暁』 pack」、並びに『REFLEC BEAT plus』の最新ミュージックパックとなる「→Pia-no-jaC← PACK」を、今週末に東京・Zepp Tokyoにて開催される「→Pia-no-jaC← Zepp Entertainment 〜→PJ←ワンダーランド〜」を記念して、9月14日(日)より配信することを発表した。

【アーティスト紹介】
2005年4月結成。HAYATO(Piano)、HIRO(Cajon)の二人で構成されるインストゥルメンタルユニット。→Pia-no-jaC←についている矢印は、左から「Piano/ピアノ」、右から「Cajon/カホン」と読ませるためのもの。「ピアノとカホン、二つの楽器でライブ空間をジャックする」という意味が込められている。

鍵盤と打楽器だけというシンプルな構成ながらも、力強く激しいピアノの旋律と独特な存在感をもつカホンの音色がせめぎ合うスリリングかつ重厚な演奏はオーケストラ並みの迫力。ジャズでもクラシックでもない、「ハイブリッド・インストゥルメンタル」という斬新なジャンルを確立した。

■『jubeat plus』収録楽曲
Paradiso
Fantasista
獅子奮迅
PEACE

■『REFLEC BEAT plus』収録楽曲
組曲『 』
うさぎDASH
台風
ダイナマイト

 
 

また、『REFLEC BEAT plus』の最新ミュージックパックとなる「ハイテンションジブリ PACK2」を9月12日(金)より配信開始。

【ミュージックパック紹介】
ハイテンションということで、どんなにネガティブな人でも知らず知らずスーパーポジティブに運んでいってしまうようなサウンドを追及してできた「ハイテンションジブリ」。音楽プロデューサー「新井大樹」氏が自らクリエイトし、スタジオジブリによる数々の名作品をカバー/リミックスしたスタジオジブリ公認のアルバム「ハイテンションジブリ」がREFLEC BEAT plusに登場!

原曲の素晴さを壊さず、全体的にハイテンションにしたダンスバージョンに仕上げられており、子供から大人まで誰にでも受け入れられるサウンドに注目!

■『REFLEC BEAT plus』収録楽曲
海の見える街 ~魔女の宅急便~
ねこバス ~となりのトトロ~
アシタカセッ記 ~もののけ姫~
風の谷のナウシカ feat.チロ ~風の谷のナウシカ~

 


■『jubeat plus』
 


■『REFLEC BEAT plus』
 



(C)Konami Digital Entertainment

株式会社コナミデジタルエンタテインメント
https://www.konami.com/games/corporate/ja/

会社情報

会社名
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
設立
2006年3月
代表者
代表取締役会長 東尾 公彦/代表取締役社長 早川 英樹
決算期
3月
直近業績
売上高1956億2200万円、税引前利益648億4800万円、最終利益435億5600万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る