【ゲーム株概況(11/11)】ミクシィが商いを伴いしっかり KLabは第3四半期増額も売り物に押される

11月11日の東京株式市場は、1ドル=105円台への円安進行や、米市場高を背景に日経平均株価が急反発、後場に入って上げ幅が拡大し、前日比343.58円高の1万7124.11円と2007年10月18日以来、約7年ぶりとなる1万7000円台に乗せて取引を終えた。

市場全体の関心が輸出関連株など主力株に向かいやすい環境の中、ゲーム株では前日10日は決算発表を受けての利益確定売りに押されていたミクシィ<2121>がしっかり。東証全体の売買代金で8位に入るなど商いのボリュームも大きく、早くも利益確定売りをこなした格好となっている。半面、前日大きく買われたディー・エヌ・エー<2432>やクルーズ<2138>は反落した。

また、KLab<3656>は、10日に第3四半期業績予想の上方修正を発表し、第3四半期期間(7~9月)が四半期ベースで過去最高業績となったことが明らかになったものの、10月半ばの1300円台から直近1700円にタッチする水準まで上昇していただけに、材料出尽くしと見た売り物に押される展開となった。

【KLab関連記事】
KLab、第3四半期の営業益予想を46%上方修正、12.9億円→18.9億円に 『ラブライブ!スクフェス』と『天空のクラフトフリート』の好調で

KLab、7-9月期の営業益はQonQで倍増の11.95億円に急拡大、四半期ベースで過去最高に スクールアイドルが高みに導く


ほか、スクウェア・エニックスHD<9684>が決算発表後の続落から反発の動きを見せたことや、アクロディアが前日の急落から一転S高となったことが目立つ動きといえよう。


■関連銘柄一覧
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1308億6800万円、営業利益114億6200万円、税引前利益294億1900万円、最終利益305億3200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2432
企業データを見る
株式会社MIXI
http://mixi.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社MIXI
設立
1997年11月
代表者
代表取締役社長 木村 弘毅
決算期
3月
直近業績
売上高1180億9900万円、営業利益160億6900万円、経常利益170億2600万円、最終利益102億6200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2121
企業データを見る
KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高238億9500万円、営業損益11億500万円の赤字、経常損益10億2800万円の赤字、最終損益34億6800万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3656
企業データを見る