大盛況だった「コナミキッズキャラバン2015」の模様をレポート…『オレカバトル』と『オトカドール』などを出展、無料プレイや対戦、サイン会、限定特典など盛りだくさん


​コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)は、5月2日、東京港区六本木にある東京ミッドタウン「KONAMI特設会場」で、キッズゲームイベント「コナミキッズキャラバン2015」を開催した。多くの親子連れが集い、終日盛況であった。翌5月3日も開催される予定だが、今回は初日の模様をレポートしておきたい。

今年で3回目となる「コナミキッズキャラバン」だが、今回は、男児向けカードゲームバトル『モンスター烈伝 オレカバトル』に加え、今年3月より稼働を開始した女児向けオシャレバトルゲーム『オトカドール』が出展された。これ以外にも『ディズニー ツムツム』と『モンスターストライク MULTI BURST』の筐体も用意された。



■『モンスター烈伝 オレカバトル』とは

キャラクターを育成、対戦させるビデオゲームの楽しさと、様々なカードを収集するカードゲームの楽しさを組み合わせたカードゲーム機。2012年3月より全国のアミューズメント施設などで稼働が開始し、アーケードゲームと連動するiOSアプリも配信されている。

【関連記事】
KONAMI、カードゲーム機『オレカバトル』が全国のアミューズメント施設で3月中旬より稼働開始



■『オトカドール』とは

本格的なリズムゲームを楽しみながら、バトルを行うファンタジック☆オシャレバトル。さらに自分だけのドール&作ったコーデをカードにすることも可能だ。さらにトレーディングカードのキラカードに匹敵する印刷技術を実装しており、その場で本格的なキラカードが作成できるという。

【関連記事】
KONAMI、ガールズ筐体『オトカドール』を全国で順次稼働開始…リズムにのりながらバトルを楽しむファンタジック☆オシャレバトル



■メインは『オレカバトル』…男児を中心に幅広いファンが集う

メインコンテンツとなるのは、やはり『モンスター烈伝 オレカバトル』だろう。無料プレイでは討伐竜イベントとして「天界竜バハムート」、「陰龍インシェンロン」、「祟竜ヤマタノオロチ」、「ダンテズ・レッドドラゴン」のいずれかに挑戦することができ、見事、倒せば仲間にすることができるという。

無料プレイへの参加希望者が多い場合、整理券を配布するとの告知があったが、昨年と同様、9時の開場前から長蛇の列ができあがってしまい、整理券が配布されたそうだ。会場には、筐体がなんと18台も用意されており、男児を中心に男女・幅広い年齢のプレイヤーが集っていた。
 


ステージイベントに関しては、主に『オレカバトル』の対戦イベントが行われていた。1対1の対戦だけでなく、3対3や5対5のチーム戦など多彩な対戦が行われていた。対戦希望者をその場で募っていたが、ステージ付近に集まった多くの子供たちが手を挙げ、その熱量の高さが伺えた。

対戦では、あっさりと勝敗の決する場合もあれば、拮抗したバトルもみられた。モンスター同士の属性やステータスによる勝負だけでなく、例えば、わざと相手に攻撃をさせてエネルギーを貯めて一発逆転を狙うなど大人顔負けの高度な戦術を駆使する子供もみられた。
 


また、イベントMCを務めたタンタローさんとポワ子さんは、ステージイベント終了後にサイン会も開催。1人1人に丁寧に対応していたことがとても印象的だった。5月3日には『魔王だゼッ!!オレカバトル』の作者である出水ぽすかさんのサイン会も開催される予定だ。こちらも希望者の人数によっては整理券が配布される。
 




■『オトカドール』…「キラパウダー」が使い放題、限定コーデも

もうひとつの目玉は、『オトカドール』だろう。無料プレイのコーナーでは8台の筐体が用意され、キラキラなカードが作れる「キラパウダー」が使い放題で、イベント限定「ライムスターコーデ」が入手できるとのことだった。プレイすると、店舗の筐体で使える「スターキラパウダー」がもらえるギフトカードも配布された。

こちらは整理券の配布対象にはならなかったものの、開催時間中、常時30分待ちとなるなど大盛況だった。参加した人は、数回は遊べたようだ。他のガールズ筐体と同じく、成人女性の多さも目立った。子供の頃、『ラブ&ベリー』などで遊んだ人が最近のガールズ筐体の盛り上がりとともに戻ってきているのかもしれない。

また遊んでいる様子もみていたのだが、小さな子供もフルコンボを達成するなどしっかりと遊んでいたことが印象的だった。競合に比べリズムゲームの難易度がやや高いため、子供が遊べるのか内心心配だったが、杞憂だった。「子供の柔軟性は大人の想像よりもはるか高く、数回プレイしただけ順応できるようだ」と同社関係者は語る。
 

このほか、ステージイベントでは、ゲーム内に出てくる「ニャンドラ」が登場し、希望者との写真撮影会を行っていた。また、新作のコーデ紹介も行われた。コーデの紹介中、「このコーデを手に入れた人はいますか」という問いかけに多くの人が手を挙げるなど、会場には熱心なファンが多かった。新作コーデは以下のとおり。
 






■『ディズニー ツムツム』と『モンスターストライク MULTI BURST』も

いずれも無料で遊べる。ただし、『モンスターストライク MULTI BURST』ではスマホ用のシリアルコードが発行されない。『ディズニー ツムツム』でも「ツムマスコット」が排出されない。
 

 
(編集部 木村英彦)



■関連サイト

イベント特設サイト




©Konami Digital Entertainment
©mixi, Inc.
©Konami Digital Entertainment
©Disney ©Disney/Pixar ©Disney. Based on the “Winnie the Pooh” works by A.A. Milne and E.H. Shepard.
©Konami Digital Entertainment
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
https://www.konami.com/games/corporate/ja/

会社情報

会社名
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
設立
2006年3月
代表者
代表取締役会長 東尾 公彦/代表取締役社長 早川 英樹
決算期
3月
直近業績
売上高1956億2200万円、税引前利益648億4800万円、最終利益435億5600万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る