ネクソン、新作フル3DARPG『HIT』のブランドサイトをオープン! 『リネージュⅡ』や『TERA』を開発したパク・ヨンヒョン氏が手掛ける初のモバイルゲーム


ネクソン<3659>の連結子会社であるNEXON Korea Corporationは、新作モバイルタイトル『Project HIT』(仮称)の正式ゲーム名を『HIT(Heroes of Incredible Tales)』と決定した。本日(9月9日)、ブランドサイトをオープンし、ゲームコンセプト、キャラクター及びゲームイラストを公開した。

本作は、闇に染まった世界を救うために立ちあがった騎士たちの話を元にした、フル3DモバイルアクションRPG。『リネージュⅡ』や『TERA』など、大ヒットMMORPGを開発したパク・ヨンヒョン氏率いるNAT-Gamesが開発し、ネクソンコリアが配信を行う。また、Unreal Engine 4を採用しており、モバイルゲームにおける最高レベルのグラフィックを実現しているという。

ゲームは、「空中コンボ」や「投げ技」など、モンスターとの戦いにおける豪快な演出とスキルシステムで、破壊力のあるアクションが特徴。また、ストーリーに沿ってゲームを進めていく「冒険モード」に加え、最大6人まで参加可能な「乱闘モード」やプレイヤー間で協力してボスモンスターを倒す「リアルタイムレイドモード」等、豊富なゲームプレイモードを盛り込んでいる。

これ以外にも、個性的なキャラクターも本作の魅力となる。剣を使った素早い攻撃が特徴的な「ルーカス」、巨大な鎌を活用して派手なアクションを繰り広げる「アニ カ」、魔法で稲妻や水龍を召還して攻撃をする「キキ」、力強い破壊力を備えた「ヒューゴ」の4種類のキャラクターが登場するとのこと。

なお、リリース時期だが、2015年中に韓国でAndroid及びiOS向けに配信する予定。気になる日本でのリリースについては未定だが、日本でのリリースも期待したいところだ。



■関連リンク
 

『HIT(Heroes of Incredible Tales)』ブランドサイト

株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益2744億6200万円、営業利益915億4100万円、最終利益1148億8800万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3659
企業データを見る