コーエーテクモHD、2Qは売上高5%減、営業利益24%減と減収減益に…売上高・利益とも10月13日の修正予想を上回って着地

コーエーテクモホールディングス<3635>は、10月26日、2016年3月期の第2四半期累計(4~9月)の連結業績を発表、売上高151億5900万円(前年同期比5.9%減)、営業利益24億7700万円(同24.8%減)、経常利益56億5300万円(同8.3%減)、四半期純利益40億6300万円(同3.4%減)となった。なお、前年同期比では減収減益となっているものの、10月13日に発表した第2四半期累計の連結業績予想の修正値と比べて、売上高、利益とも上ブレしての着地となっている。
 

売上高は、品質向上のため一部タイトルの発売時期を延期したことなどにより期初予想を下回ったものの、各利益項目は、ダウンロード販売やロイヤリティ売上などの利益率の高い分野や有価証券関連損益がけん引役となり、予想を上回る推移を見せた。

主なセグメントの状況は以下の通り。

①ゲームソフト事業…売上高88億7300万円(前年同期比10.1%減)、セグメント利益16億1100万円(同31.6%減)
国内は『戦国無双4 Empires』(PS4、PS3、PSVita用)、『アルスラーン戦記×無双』(PS4、PS3用)、『よるのないくに』(PS4、PS3、PSVita用)などの新作が発売された。海外では『影牢~もう1人のプリンセス~』(PS4、PS3、PSVita用)、『信長の野望・創造 with パワーアップキット』(PS4、PS3、STEAM用)、『戦国無双4-Ⅱ』(PS4、PS3、PSVita、STEAM用)をリリースした。また、同社グループが開発を担当したバンダイナムコエンターテインメントの『ワンピース 海賊無双3』(PS4、PS3、PSVita、STEAM用)の欧米版も発売された。

ダウンロード販売では、『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』(PS4、PS3、Xbox One用)の基本無料版累計ダウンロード数が全世界で400万を突破し、コンテンツ販売も順調に推移した。また、DMM.comにて『影牢 ~トラップガールズ~』(PCブラウザ用)の配信を開始した。

②オンライン・モバイル事業…売上高34億5900万円(同6.8%増)、セグメント利益5億6100万円(同5.9%減)
ソーシャルゲーム事業は、国内では『100万人のWinning Post』をコロプラへ、『信長の野望 201X』をYahoo!Mobageへ提供するなど、マルチプラットフォーム展開を推し進めた。また、『100万人の信長の野望』5周年キャンペーンが好評を博すなど、主力の「100万人」シリーズが堅調に推移した。海外では、韓国でリリースした『大航海時代Ⅴ』のスマートフォン版が、好調なスタートを切っている。

コミュニティサイト「my GAMECITY」は、引き続きサードパーティーのゲームラインナップを拡充し、会員数が80万人に達した。オンラインゲーム事業は、以上の結果、ソーシャルゲームとオンラインゲームを合わせた総累計会員数は、国内外を合わせて3,000万人を突破した。

③メディア・ライツ事業…売上高10億9700万円(同7.3%減)、セグメント損益8800万円の赤字(前年同期1億5900万円の黒字)
「ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校 Op.2」「ネオロマンス・ライヴ 遙か祭2015」ほか各種イベントを開催し、盛り上がりを見せた。また、女性向けソーシャルゲームも底堅く推移した。なお、第3四半期以降に発売を予定しているタイトルの開発費が先行して発生したことからセグメント損失が生じた。

④SP事業…売上高9億6400万円(同17.1%減)、セグメント利益3億8500万円(同2.0%減)
パチスロ機「無双OROCHI」がリリースされた。パチンコ・パチスロ機への液晶ソフト受託開発が順調に進捗し、収益へ貢献した。

⑤アミューズメント施設運営事業…売上高6億9000万円(同17.7%減)、セグメント利益6300万円(同2.6倍)
不採算店舗の退店により減収となりましたが、既存店のリニューアルや業務の効率化が寄与した。

⑥不動産事業…売上高4億1600万円(同67.7%増)、セグメント利益1億6100万円(同13.4倍)
グループが保有する賃貸用不動産が堅調に稼働した結果、増収増益となった。

■2016年3月期の見通しは変更なし
2016年3月期は、従来予想から変更なく、売上高400億円(前期比5.8%増)、営業利益100億円(同3.6%増)、経常利益140億円(同3.2%増)、当期純利益95億円(同0.7%増)を見込む。
 
コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/

会社情報

会社名
コーエーテクモホールディングス株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期
3月
直近業績
売上高727億5900万円、営業利益345億2700万円、経常利益486億9600万円、最終利益353億5900万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3635
企業データを見る