【速報】サイバーエージェント、7~9月期ゲーム事業は営業利益QonQで80%増と急拡大…『グラブル』成長続く、『デレステ』&『夢100』も寄与

サイバーエージェント<4751>は、本日(10月29日)、2015年9月通期の連結決算を発表するとともに、東京都内でアナリスト・機関投資家向けの決算説明会を開催した。業績については既報のとおりだが、その中でも7~9月期のゲーム事業の売上高が前四半期比で32.9%増の222億円、営業利益が79.8%増の62億円と大きく伸びたことが目立った。

【関連記事】
サイバーエージェント、15年9月期は売上高23%増、営業益47%増を達成…ネイティブゲームがけん引役に 今期はAmeba事業の動画に積極投資で減益見込む


Cygamesの展開する『グランブルーファンタジー』が引き続き伸びたことに加えて、9月にリリースしたばかりの『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』が早くも収益に寄与したとのこと。さらに、ジークレストの提供する『夢王国と眠れる100人の王子様』も収益を押し上げたという。
 



決算説明会に臨んだ藤田晋社長は、「かねてから申し上げているように、スマートフォンゲーム市場は体力勝負になり、上位数社が残存者利益を獲得する状況になりつつある。当社は、生き残る会社の1社となり、残存者利益を享受しやすくなった。高い運用力、Cygamesのずば抜けた開発力とヒット率の高さ、ノウハウのグループ内での横展開ができている」とコメントした。
 
(編集部 木村英彦)
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高4785億6600万円、営業利益338億8000万円、経常利益338億6300万円、最終利益66億800万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る