【ゲーム株概況(11/16)】好決算や韓国ゲームショウでネクソンが大幅高 新作発表のサイバーステップはS高 三菱UFJ格下げでDeNAは大幅安

11月16日の東京株式市場では、日経平均株価は続落し、前日比203.22円安の1万9393.69円で取引を終えた。日本時間14日のフランス・パリでの同時テロ発生の影響を見極めたいとの見方から朝方からリスク・オフの動きが目立った。また、7~9月期のGDP(国内総生産)が市場の予想を下回ったことも嫌気された。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ネクソン<3659>が大幅高と気を吐いた。ネクソンは、13日に発表した2015年12月期の連結決算が2ケタ増収増益となった(関連記事)ことに加え、韓国最大のゲームショウ「G-STAR2015」で新たな情報が出てきていることも刺激材料となっているようだ。

【関連記事】
【G-STAR 2015】MMORPGの概念を根底から覆すモバイルゲーム…ネクソンの新作アプリ『野生の地:Durango』が提示する次のプレイスタイル
 

また、前週末にスマートフォン向け新作タイトル『コズミックブレイク ソラの戦団』を発表したサイバーステップ<3810>もストップ高した。

ほか、コロプラ<3668>が決算発表を契機に3日間で500円超の上昇となるなど強さを見せたほか、モブキャスト<3664>やモバイルファクトリー<3912>もしっかり。

半面、三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティングを「オーバーウエート」(強気)から「ニュートラル」(中立)に、目標株価を3000円から1700円に引き下げたDeNA<2432>が大幅安し、アクセルマーク<3624>やカヤック<3904>の下げもきつい。



■関連銘柄
株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益3537億1400万円、営業利益1036億9600万円、最終利益1003億3900万円(2022年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3659
企業データを見る
サイバーステップ株式会社
https://corp.cyberstep.com/

会社情報

会社名
サイバーステップ株式会社
設立
2000年4月
代表者
代表取締役社長 佐藤 類
決算期
5月
直近業績
売上高74億1600万円、営業損益13億5300万円の赤字、経常損益14億8800万円の赤字、最終利益20億9700万円の赤字(2022年5月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3810
企業データを見る