gumi、新作アクションRPG『ブレイジング オデッセイ』のゲーム情報を一部公開 安藤武博氏がプロモーションプロデュースを担当


gumi<3903>は、この日(12月11日)午前9時より、東京都内で証券アナリスト・機関投資家向け第2四半期決算説明会を開催した。決算についてはすでに報じたとおりなのだが、新作については、国内では『誰ガ為のアルケミスト』、『シノビナイトメア』、『ブレイジング オデッセイ』をリリースする予定だ。

【関連記事】
【速報】gumi、2Qは15億円の営業赤字を計上…開発タイトル拡充で売上原価が増加 『クリスタル クラウン』サービス終了で特損計上【グラフ追加・追記】


タクティカルRPG『誰ガ為のアルケミスト』(今冬予定)と、ダンジョン探索RPG『シノビナイトメア』(来春予定)は9月に開催された東京ゲームショウで発表された作品だ。今回、これまで比較的、情報の少なかった『ブレイジング オデッセイ』のゲーム概要の一部が公開された。

『ブレイジング オデッセイ』は、子会社Fenrisが開発するアクションRPGで、兄妹・仲間の魂をつなぐ王道ストーリーが展開される。当サイトで連載している安藤武博氏がプロモーションプロデュースを行っている。フィールドを探索し、爽快感あふれるバトルが楽しめるそうだ。リリース時期も当初今秋だったが、今冬に延期となったという。
 


第2四半期も赤字となったgumiだが、今後の業績動向については、『LINE三国志ブレイブ』や『ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス』に加え、リリース予定の新作がカギを握ることになりそうだ。国内ヒットタイトルの海外展開も重要なポイントになるものとみられる。先行投資が実を結ぶのか注目である。

なお、決算説明会の詳細については後日、改めてレポート記事を掲載する予定だ。
株式会社gumi
http://gu3.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社gumi
設立
2007年6月
代表者
川本 寛之
決算期
4月
直近業績
・売上高:186億2800万円(前の期比6.0%減)
・営業利益:15億1400万円(同32.0%減)
・経常利益:60億7100万円(同185.7%増)
・最終利益:18億3500万円(同4.4%増)
上場区分
東証1部
証券コード
3903
企業データを見る