アクセスブライト、東映アニメと共同展開する中国市場向けスマホゲーム『ロボットガールズ Z』のiOS版を配信開始


アクセスブライトは、1月29日、東映アニメーション<4816>との共同事業による初の中国市場向けスマートフォンゲーム『ロボットガールズ Z』のiOS版の中国での配信を1月28日より開始したことを発表した。なお、Android版は1月18日より先行して配信を行っている。

本作は、「ロボットガールズ Z」(永井豪先生の「マジンガーシリーズ」を中心に数多くのスーパーロボットを擬人化・美少女化したアニメ作品)からゲーム化され、東映アニメーションとアクセスブライトが共同開発した、初のスマートフォン向けゲームアプリ。美麗なグラフィックに加えてコスチュームチェンジ機能も特徴の一つで、セーラー服、バニーガールに加えて、中国ならではの要素としてチャイナドレスも用意されており、数百種類のキュート&セクシーなコスチュームを揃えている。
 

アクセスブライトはこれまで、日本のスマートフォンゲームを中国市場向けにローカライズし展開してきた実績があるが、本作は東映アニメーションの監修を受けながら、ゼロから開発した初めてのゲーム作品となる。なお、2015年10月より中国で展開している本作のオープンα版は、中国のインターネット業界で最も権威と影響力をもつ「2015年度 DoNews 牛耳賞」で、最優秀モバイルゲーム賞を受賞している。

森山義秀アニメプロデューサーをはじめ、東映アニメーションのスタッフとアクセスブライトのゲーム開発スタジオが共同で、ゲームの世界観、原画、美術エフェクトなどを制作し、アニメのストーリー、ステージ、キャラクターを忠実に再現している。また、中国でのクローズドβテストの結果をもとに中国ユーザーの声を反映し、新しく PVPシステムを導入するなどの改良を加えており、中国市場への徹底した調査をふまえたうえで、中国のゲームユーザーに支持されるゲームの開発を行っている。


<『ロボットガールズ Z』iOS版概要>
・中国語表記:『機器人少女 Z』
・対応端末:iPhone 5以上
・対応 OS:iOS 7.0以上・サービス開始日:2016年1月28日(木)
・価格:基本プレイ無料(アイテム課金)
※本作は中国向けのゲームアプリとなっており、日本から利用することはできない。

 
東映アニメーション株式会社
http://corp.toei-anim.co.jp/

会社情報

会社名
東映アニメーション株式会社
設立
1948年1月
代表者
代表取締役社長 高木 勝裕
決算期
3月
直近業績
売上高515億9500万円、営業利益155億300万円、経常利益160億4000万円、最終利益110億6700万円(2021年3月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
4816
企業データを見る