C&R社、『戦国修羅SOUL』を台湾、香港、マカオをはじめとする繁体字圏に向けての配信開始 



クリーク・アンド・リバー社、HRG Information TechnologyとGAEは、『戦国修羅SOUL』において、7月1日より台湾、香港、マカオをはじめとする繁体字圏に向けての配信を開始したことを発表した。


<以下、プレスリリースより>



この度の『戦国修羅SOUL』繁体字版の配信では、 時代設定・キャラクター・CV・音楽などはそのままに、 台湾、 香港、 マカオなど、 繁体字圏の国や地域に向けてリリースを開始。 台湾や香港においては、 本作でコラボしたGACKTさんや豪華声優陣、 マンガ家の方々の知名度はさることながら、 テレビドラマや小説など、 日本の歴史に関するコンテンツが人気なことから、 戦国時代をテーマにしたスマホゲーム『戦国修羅SOUL』に関しても、 現地の多くの方々に親しんでいただけると見込んでおります。 当社は現在、 HRGと共同で本作の簡体字版の開発も進めており、 年内に中国全土に向けて配信する予定です。 

 
■『戦国修羅SOUL』

公式サイト

App Store

Google Play


(C) CREEK & RIVER Co., Ltd.(C) HRG Information Technology Co., Ltd.
株式会社クリーク・アンド・リバー社
http://www.cri.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社クリーク・アンド・リバー社
設立
1990年3月
代表者
井川幸広
決算期
2月
直近業績
売上高175.32億円、営業利益9.92億円、経常利益10.35億円、当期純利益3.34億円(2013年2月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
4763
企業データを見る