【PSVR】コロプラ、VR格ゲー『STEEL COMBAT』をリリース 体験版も配信開始…キャラクターを2体から選択しCPU戦を楽しめる


コロプラ<3668>は、本日(2月28日)に、PlayStationVR用ロボット格闘ゲーム 『STEEL COMBAT』をPlayStation Storeにて配信開始した。 価格は3990円(税込)。

同タイトルは、全方位を見渡せる仮想現実世界ならではの闘技場を舞台に、 個性豊かなロボットたちを操作して戦う対戦格闘ゲーム。開発は『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』など、格闘ゲームの開発実績を持つ、 コロプラ子会社のエイティングが担当している。

昨年8月よりOculus Rift向けとして配信しており、 今回より多くのユーザーにも楽しんで欲しいということから、PlayStationVRでの配信となった。ゲームのルールはシンプルで、 自律型ロボットを操作し、 対戦相手の体力ゲージを0にすると勝利となる。

ロボットごとに自由に切り替えられる2つのモード(近距離戦闘モード、 遠距離戦闘モード)を持っており、 これらを使い分けて戦うことも重要になってくる。インターネットを通したオンライン対戦にも対応していることや、 操作やコンボの練習ができるトレーニングモードも搭載している。

本日2月28日には体験版も公開しており、自分のキャラを2体の中から選択しCPU戦を楽しむことができる。
 

選択できるキャラクターは、シンプルな性能ながら、 この機体だけに用意されている「ブーストゲージ」を消費して、 テクニカルな連続技を持つ センチュリオン と、大きな腕による力強い攻撃が特徴のインファイターで高い攻撃力で一発逆転を狙えるロックアップの使用が可能だ。
 

▲センチュリオン


▲ロックアップ
 

体験版の容量は、587MBとなっており、製品版へのセーブデータの引き継ぎはできないので注意が必要だ。
 

体験版ダウンロード


(C)2017 COLOPL,Inc.
株式会社コロプラ
https://colopl.page.link/Am8B

会社情報

会社名
株式会社コロプラ
設立
2008年10月
代表者
代表取締役社長 馬場 功淳
決算期
9月
直近業績
売上高451億2800万円、営業利益122億5000万円、経常利益117億9000万円、最終利益79億7700万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3668
企業データを見る