コナミ、ソーシャルゲームに消極的との報道に「事実と異なる」とコメント

コナミデジタルエンタテインメントは、本日(7月13日)、7月13日付けの一部新聞報道について、事実と異なる報道であるとのリリースを発表した。 同社によれば、記事中にある「ソーシャルゲーム市場への積極参入に消極的」という記載について、ソーシャルゲーム市場でのコナミの実績や事業方針に関する役員コメントの趣旨を誤って認識しているとのこと。むしろ、ソーシャルゲームに積極参入しており、ソーシャルゲームの開発体制を強化したり、ハドソンを100%子会社化したりするなど、ソーシャルゲーム事業に戦略的に経営資源を投入している、としている。   コナミの提供している「ドラゴンコレクション」は、「GREE」の全体ランキングで39週連続1位を継続しており、「プロ野球ドリームナイン」や「戦国コレクション」なども高い順位を維持している。スマートフォン向けコンテンツについても積極的に対応を進めており、市場の動きを見極めながら順次、市場に投入する予定だという。 なお、コナミが問題としているのは、7月13日付の日経産業新聞に掲載された記事だと思われる。記事中、ソーシャルゲームへの積極参入に消極的なゲームメーカーが多いとしたうえで、同社の榎本真司執行役員副社長のコメントを紹介している。記事では、コナミを名指しで消極的と指摘したわけではないのだが、そう取られかねない記事だったことからあえてリリースを出すことにしたのかもしれない。
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
https://www.konami.com/games/corporate/ja/

会社情報

会社名
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
設立
2006年3月
代表者
代表取締役会長 東尾 公彦/代表取締役社長 早川 英樹
決算期
3月
直近業績
売上高1956億2200万円、税引前利益648億4800万円、最終利益435億5600万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る