​アソビモとスクエニ、共同開発中の新作スマホタイトル『ファンタジーアース ジェネシス』を発表 『FEZ』より数百年前が舞台に

 


アソビモとスクウェア・エニックスは、共同開発中の新作タイトル『ファンタジーアース ジェネシス』を、本日9月21日に発表した。『ファンタジーアース ジェネシス』は、現在まで10年以上続く「ファンタジーアース シリーズ」のスマートフォン向け最新オリジナル作品となる。正式サービスは今冬を予定している。

本作は、2006年に正式サービスを開始し、現在まで10年以上続く株式会社スクウェア・エニックスのPC向けオンライン対戦アクションRPG『ファンタジーアース シリーズ』のスマートフォン向け最新オリジナル作品。特色である最大50vs50でのリアルタイム大規模戦争や建築・召喚といった要素はそのままに、スマートフォンならではの操作と新要素を追加している。


・PV
 
 
■クリスタルを巡る3つの同盟
プレイヤーはいずれかの勢力に属して戦うことになる。

▲エイルザン
世界の平和を願い、心優しき姫に集う同盟
 

▲アデルヴァル
腐敗の無い帝国の再興を願う同盟  


▲ケムダーヴ
魔女の下クリスタルに頼らない技術を追う同盟


 
■豪華声優陣が結集した個性豊かな盟主たち
 
▼エイルザン
ハルト・ベオウルフ
[CV:内山昂輝]  

アスピダ・ロハ・ミーレス
[CV:大塚芳忠]  

フロース・S・グラジオラス
[CV:内田彩]

 
▼アデルヴァル
アストライア・L・サー・ガラティア
[CV:佐藤利奈]  

リィヴ
[CV:桑島法子]

 
ゼノ・ハウンド
[CV:浪川大輔]

 
▼ケムダーヴ
魔女レグルス
[CV:悠木碧]  

べリアル・オセ
[CV:伊藤静]  

ラオフ・マンムート
[CV:黒沢ともよ]


 
■ストーリー
――ファンタジーアース ゼロの時代から遡ること数百年前――
 
メルファリア
この世界は「クリスタル」を巡り、いくつもの戦乱が長きにわたり続いていた。
 
ようやく訪れたトルクマイヤ帝国による統治も、貴族の手により徐々に腐敗。圧政への反乱に端を発した大戦乱により、帝国は滅亡する
 
反乱後の紛争が拡大する中、エスセティア大陸中央、はじまりの大地周辺に大量のクリスタル発見の報が届く。
 
やがて主義主張、思想の近しい国家間で同盟が締結され始め、いつしか強大な3大同盟の対立構造となっていた・・・。
 
それぞれの想いを胸に、世界は再びクリスタルを求める同盟戦争へと歩みだしていく。


 
■関連サイト

公式サイト



© ASOBIMO,Inc. © SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
 
株式会社スクウェア・エニックス
https://www.jp.square-enix.com/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス
設立
2008年10月
代表者
代表取締役社長 桐生 隆司
決算期
3月
直近業績
売上高2428億2400万円、営業利益275億4800万円、経常利益389億4300万円、最終利益280億9600万円(2023年3月期)
企業データを見る
アソビモ株式会社
http://asobimo.com/index.html

会社情報

会社名
アソビモ株式会社
設立
2007年3月
代表者
近藤 克紀
上場区分
非上場
企業データを見る