ゲームポット、スマホ版「Mobage」で『狩りとも』の提供開始

ゲームポットは、本日(7月25日)より、スマートフォン版「Mobage」で、『狩りとも』の提供を開始した。基本プレイ無料のアイテム課金制で、WEBアプリとして提供されている。もともとソネットエンタテインメントが提供していたタイトルだが、7月1日よりゲームポットに移管されたようだ(関連記事)。 本作は、「巨大モンスター VS 僕達全員」をコンセプトに、他プレイヤーたちと協力して巨大モンスターと戦い、最高のハンターランクを目指すソーシャルRPG。プレイヤーはハンター部隊の隊長となり、ユニットと呼ばれる部隊を集め、モンスター討伐を目指すことになる。ユニットは、合成することで強化でき、合成でクラスチェンジする組み合わせは2000通り以上にのぼるという。   ゲームの主な遊び方には、「狩り」、「バトル」、「ギルド」がある。「狩り」は、選んだエリアでモンスターを探索しながら討伐を行うもので、他プレイヤーが率いる部隊と一緒に攻撃し、リアルタイムでのコミュニケーションができる。「バトル」は、闘技場で開催される大会に出場し、ユニット同士を戦わせることができる。上位入賞でレアアイテムやレアユニット等を入手することができる。6月30日より実装された「ギルド」では、プレイヤー同士がチームを作ることができ、これにより以前よりも他プレイヤーと密に交流し、ゲームを有利に進めることができるという。 なお、スマートフォン版では、フィーチャーフォン版と同等に操作でき、より多くのユーザーが楽しめるようになった、としている。     『狩りとも』 (「Mobage」会員のみ利用可能)   (C)gamepot