スクエニ、サービス終了した『FFレジェンズII』の落とし切り型有料版アプリ『ファイナルファンタジーレジェンズII 時空ノ水晶』を配信開始!


スクウェア・エニックスは、本日(11月1日)より、iPhone/Android向けRPG『ファイナルファンタジーレジェンズII』を追加課金なしの有料版アプリ『ファイナルファンタジーレジェンズII 時空ノ水晶』として完全リニューアルした新アプリと配信開始したことを発表した。

ジェネラルディレクターの時田貴司氏が手掛ける世界観はそのままに、新しくなったメインストーリーやアビリティシステムなどが追加され、より深くゲームの世界を楽しめる内容となっている。



■メインストーリーを完全収録 
ゲームには、主人公トゥモロと仲間たちが出会い、時空を超えて絶望の未来を救う物語「時空ノ水晶編」と、さらなる未知の時空、神話の世界で繰り広げられる「神獣界エウレカ編」の両方を完全収録している。




「神獣界エウレカ編」にはオリジナルのマップとバトルが追加され、さらに冒険の世界が広がっている。




■サイドストーリーやイベントも収録 
メインストーリーに加え、各キャラクターの「エピソード」や、「ストーリーイベント」も新たな形で収録されている。また、期間限定イベントも一部収録されるので、様々な物語や冒険を楽しむことができる。初めてプレイするユーザーはもちろん、基本プレイ無料版『ファイナルファンタジーレジェンズ II』をプレイしていた場合にもさらに楽しめる内容となっている。




■新たなバトル・幻石の実装
様々な幻石を装備して戦うおなじみのバトルシステムには、新たな幻石含め300種類の幻石が登場する。好きな幻石を装備してバトルを行うことで、様々なアビリティを習得できる。



また、「神獣界エウレカ編」では、神獣の頂点に立つ「虹の七刻神」や配下のモンスターたちとのバトルが展開される。さらに、ゲストが参戦するスペシャルバトルや、全50層からなる巨大ダンジョンとして一新した「バブイルの塔」など、やりこみ要素も豊富に追加。様々なバトルを楽しめる。




■音楽やイラストを振り返る「資料室」
サウンドコンポーザーの水田直志氏によるゲーム内楽曲の数々や、ゲームの様々なイラストを鑑賞できる「資料室」が実装される。思い出のBGMやイラストを、好きな時に楽しむことができる。





※「資料室」は、ゲームクリア後に解放される。基本プレイ無料版より購入特典を受け取った場合はゲーム内ステージ「時の狭間」に初めて到着した時点で資料室が解放される。
 

<『ファイナルファンタジーレジェンズ II』ユーザー様への購入特典について>


基本プレイ無料版『ファイナルファンタジーレジェンズ II』をプレイしていたユーザーには、感謝の気持ちをこめて「一部幻石データの引継ぎ」や「特典専用のアイテムプレゼント」など、様々な特典を用意している。
※有料版『ファイナルファンタジーレジェンズ II 時空ノ水晶』の購入時に、アプリとプレイデータが残っていることが条件となる。特典の受け取りは本日より2018年3月15日までとなっている。

詳細は下記にて確認できる。

<「SQUARE ENIX BRIDGE」お知らせ>
https://cache.sqex-bridge.jp/guest/information/33747


■『ファイナルファンタジーレジェンズII 時空ノ水晶』

 

公式サイト

App Store

Google Play



©2015-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ILLUSTRATION: ©2016 YOSHITAKA AMANO 
株式会社スクウェア・エニックス
https://www.jp.square-enix.com/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス
設立
2008年10月
代表者
代表取締役社長 松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高2511億6800万円、営業利益556億6800万円、経常利益587億9600万円、最終利益413億9600万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る