タイトー、リアル謎解きゲーム『蜃気楼の町』公演を2018年1月より開催…開催場所は新宿イーストサイドスクエア



タイトーは、2018年1月より、本社を置く新宿イーストサイドスクエアで、リアル謎解きゲーム『蜃気楼の町』の公演を開催する。1月13日から28日まで土日のみの期間限定・曜日限定となる。

『蜃気楼の町』は、小さな空きスペースでも展開できる体験型アトラクション「エンタBOX」のコンテンツとして開発された作品。5人1組でチームをつくり、蜃気楼の町を模した部屋の中で繰り広げられる謎解きゲームで、今年 7 月よりタイトーステーション セブンパークアリオ柏店、10 月よりキャナルシティ博多リアル謎解きゲームシティでそれぞれ公演を行った際には好評だったという。

謎の出題量や難易度は程よく設定しており、初心者はもちろん謎解きゲーム経験者にも遊び応え充分の作品で、チームワークの良さや、それぞれの閃き力が試されるワクワク、ドキドキの 40 分間が楽しめる。1人でも参加可能で、初対面の人同士でチームを組めるほか、謎解きに自信のある人は1人で臨むこともできるという。

 


 

公式サイト

株式会社タイトー
http://biz.taito.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社タイトー
設立
1953年8月
代表者
代表取締役社長 岩木克彦
決算期
3月
直近業績
売上高352億0600万円(前の期比23.0%減)、営業損失45億6000万円(前の期は8300万円の利益計上)、経常損失46億3500万円(同1億2800万円の利益計上)、最終損失57億0800万円(同1億1700万円の損失計上)(2021年3月期)
上場区分
未上場
企業データを見る