アクセルマーク、ブロックチェーンゲーム第一弾『コントラクトサーヴァント -CARD GAME-』のゲームシステムを公開



アクセルマーク<3624>は、本日(7月4日)、開発中のブロックチェーンゲーム第一弾『コントラクトサーヴァント -CARD GAME-』(CSCG)のゲームシステムを公開した。

本作は、Ethereumにおけるスマートコントラクトの1つであるERC-721に準拠して開発されたトレーディングカードゲーム。ERC-721はNFT(Non-Fungible Token)と呼ばれ、その特徴は全てのトークンが別々の個性を持ち、複製できない点にある。 これを利用し、本ゲームのサーヴァント(カード)情報をトークンとして管理することで、ユーザーのサーヴァント(カード)のステータスが異なる、 代替え不可能な資産となる。

従来のトレーディングカードゲームでは、ゲーム運営会社によりカードが発行され、 その組み合わせでデッキ編成を行うことが基本だった。同一カードのステータスは均一化されており、ゲーム内でパフォーマンスが出やすいデッキ構成はユーザー同士で似通ったものになりがちだった。また、確率でアイテムを獲得する手法を採用しているゲームでは、 戦術の実行に至るまでの難易度が高い状況も生まれている。

本作では、ユーザーがカードから新たなカードを生み出し、 新しい戦術を創造することができる。生み出される全てのカードは異なるステータスを持つ。カードが生まれた瞬間からサーヴァントの見た目、行動する順番、攻撃範囲、スキルなどが暗号文字列により決定されるという。さらにユーザーが必要と考えたステータスのカードをマーケットから選んで購入できるため、最速で戦術を完成させることができる。 

これまでにないデッキ戦略と、 サーヴァントの真の価値を見抜く“目利き”がユーザーに求められるゲームとなるとのこと。


・快適なゲームプレイ環境の提供
本ゲームはレスポンシブWebデザインを採用しており、 パソコンのほかスマートフォンでもプレイ可能。様々なデバイスにおいてブロックチェーン情報をゲーム内で素早く表示させるため、 トークンやオークション情報をレプリケーション※することでデータアクセスの効率化を図り、 快適なゲームプレイ環境を実現。さらに市場のGas価格をリアルタイムで監視し、 ゲーム内でトランザクションを送信する際にGas価格をユーザーに提案する機能を実装する。
※レプリケーション:データベースを別のデータベースに複製して同期すること


・ブロックチェーンゲーム初心者向けゲーム体験の向上
非トークンのサーヴァント(カード)を実装することでETH※を所持していないユーザーに対し、 ゲームを体験出来る仕組みを導入する予定。また、ゲストモードではブロックチェーンゲームをプレイする際に必要となる「メタマスク」や「ウォレットブラウザ」無しでゲームの一部を体験できる。


 

公式Twitter

アクセルマーク株式会社
http://www.axelmark.co.jp/

会社情報

会社名
アクセルマーク株式会社
設立
1994年3月
代表者
代表取締役社長 松川 裕史
決算期
9月
直近業績
売上高27億8400万円、営業損益6億5200万円の赤字、経常損益6億2300万円の赤字、最終損益8億2500万円の赤字(2020年9月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3624
企業データを見る