ニジボックス、「GREE」と「Mobage」で『妖女大戦』の提供開始

ニジボックスは、フィーチャフォン版「GREE」と「Mobage」で新作ソーシャルゲーム『妖女大戦』の提供を開始した。基本プレイ無料のアイテム課金制。テストプレイしたので紹介しておこう。

本作は、ギルドバトル系のカードゲームだ。プレイヤーは、妖怪少女(妖女)を従える能力を持つ妖女使いとなって、「人」「獣」「万」のいずれかに所属し、他のプレイヤーと協力して自分の所属する勢力のなわばりを拡大を目指す。「退治」(クエスト)で敵対勢力を撃破してレベル上げや味方となる妖女カードを増やしたり、カードデッキの編成やカード同士の合成を行ったりして、自分の能力を高めていく。能力の上昇に伴い、より多くの敵を撃破することができるが、所属勢力の撃破数に応じて勢力間の勝敗が決まる。

ソーシャルゲーム要素として、揃えるとレアカードがもらえる「宝物」を巡って他のプレイヤーと対戦することができる。ただし、自分よりもかなりレベルの低いプレイヤーと戦うと、「天罰」が落ちて強制的に敗北扱いになることがあるので注意が必要だ。

このほか、他のプレイヤーと「組合(チーム)」を結成することも可能。他の組合と戦ったり、「退治」での撃破数を競い合ったりしてランキング上位を目指す。上位に入ると貢献度合いに応じたご褒美がもらえるようだ。

 

■『妖女大戦』

Mobage版

GREE版

 

(C) NIJIBOX.

株式会社ニジボックス
http://nijibox.jp/

会社情報

会社名
株式会社ニジボックス
設立
2010年11月
代表者
麻生 要一
決算期
3月
直近業績
非公開
上場区分
未上場
企業データを見る