サンリオ、19年3月期の営業利益は16%減の47億円…アジア堅調に伸びるも日本と欧米が苦戦

サンリオ<8136>の2019年3月期の連結業績は、売上高591億円(前の期比1.%減)、営業利益47億円(同16.5%減)、経常利益58億円(同3.1%減)、最終利益38億円(同21.3%減)と減収減益だった。

 


同社では、テーマパークが好調に推移したものの、夏季の台風や豪雨、関西、北海道の地震によるインバウンド消費への影響、天候不順によるアパレル関連の不振、また出版流通在庫の調整による影響があった、とした。海外においては、アジアは概ね堅調であったが、欧米でのライセンス事業の回復に遅れがでたという。

地域セグメント別の損益は以下のとおり。欧州と北米が苦戦し3億円、10億円の営業赤字となった一方で、香港や台湾、中国などのアジアが堅調に伸びており、営業利益が同9.2%増の35億円と伸びた。日本セグメントの営業利益は16.7%減の36億円に低下した。日本とアジアの営業利益の水準がほぼ同水準となった。
 


2020年3月期は、売上高600億円(前期比1.5%増)、営業利益61億円(同27.4%増)、経常利益71億円(同21.6%増)、最終利益49億円(同26.3%増)を見込む。

 
株式会社サンリオ
https://www.sanrio.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サンリオ
設立
1960年8月
代表者
代表取締役会長 辻 信太郎/代表取締役社長 辻 朋邦
決算期
3月
直近業績
売上高527億6300万円、営業利益25億3700万円、経常利益33億1800万円、最終利益34億2300万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
8136
企業データを見る