カプコン、アナリスト向け説明会開催

 カプコン<9697>は、この日、発表した下方修正についてアナリスト向け説明会を開催した模様です(資料)。  同社の開示したプレゼンテーション資料によれば、業績予想修正のポイントは、以下のとおりです。 【上期】  ・為替レートの円高  ・「デッドライジング2」の発売時期の影響 【通期】  ・(前提とする)為替レートの見直しに伴う売上及び利益の押し下げ  ・「デッドライジング2」の発売延期の影響は上期だけで、通期の業績予想には影響なし。 【感想】  さすがカプコンですね。同社のIR活動は、投資家や資本市場関係者からの評価が高く、これまで何度もIR活動No.1企業に選ばれています。今回の下方修正については、別に減益になる訳でもないですから、わざわざ説明会をやらなくても良かったはずです。資本市場関係者と真摯に対話しようという姿勢は本当にすばらしい。
株式会社カプコン
http://www.capcom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社カプコン
設立
1983年6月
代表者
代表取締役社長 最高執行責任者 (COO) 辻本 春弘
決算期
3月
直近業績
売上高953億800万円、営業利益345億9600万円、経常利益348億4500万円、最終利益249億2300万円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9697
企業データを見る