トーセの決算短信は読み応え十分

 トーセ<4728>が8日、決算短信を開示しました。業績はすでに記載したとおりですが、3ページ目の業界環境に関する説明が読み応えのある内容で、非常に勉強になります。事業の状況も詳細に記載されており、投資家に対して真摯に説明しようという姿勢がひしひしと感じられます。カプコンのケースもそうですが、こうした真摯な姿勢は、投資家から信頼を集めるものです。たとえ一時的に減益になったとしても。  その要点は以下のとおりです。 【家庭用ゲーム市場について】
  • 家庭用ゲームソフトは、次世代ゲーム機への端境期にあり、ゲームメーカーは、新タイトルの投入には慎重だった。
  • SNSやスマートフォンの普及で、安価なカジュアルゲームが増加し、ゲーム人口を増加させる要因になった。
  • そうしたカジュアルゲームに、家庭用ゲームのユーザーが流出した。
  • 一部有力タイトルや、単価の安いカジュアルゲームにユーザーが集中し、ゲーム市場規模は2年連続で縮小した。
  【モバイル・インターネット市場について】
  • 「iPad」が発売されたことにより、タッチタイプのゲーム開発に乗り出す企業が出てきた。
  • SNSゲームについては、システム環境が外部企業に解放され、参入する企業が増加した。
  • 急激に増加したSNS向けアプリケーションを開発する企業の生き残りをかけた激しい競争が始まった。
  • SNS運営会社や大手ソフトメーカーによる有望ベンチャー企業の買収や出資が盛んに実施された。
  • スマートフォンやSNSゲーム市場は、小型のカジュアルタイトルが多数を占め、収益性の低いコンテンツに需要が集中していることから、多くの企業が未だにビジネスモデルを確立できていない。
  • 従来のモバイルコンテンツ市場からはユーザーが流出し、従来のコンテンツビジネスを圧迫する傾向が見られた。
  • ただし、スマートフォン向けコンテンツ市場では、価格設定が高めの大型タイトルの配信が始まっている。
   【参考】 トーセ 平成22年8月期 決算短信
株式会社トーセ
http://www.tose.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社トーセ
設立
1979年11月
代表者
代表取締役会長 齋藤 茂/代表取締役社長 渡辺 康人
決算期
8月
直近業績
売上高56億3500万円、営業利益3億6500万円、経常利益3億8700万円、最終利益2億2700万円(2020年8月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4728
企業データを見る