任天堂の古川社長、サブスクは「コンテンツごとの向き不向きを検討し展開」 ファミコン Nintendo Switch Onlineのようなサービス充実も視野に

任天堂<7974>の古川俊太郎社長は、ゲームのサブスクリプション(期間課金)型ビジネスへの取り組みについて、「提供するコンテンツごとに、向き不向きを検討しながら展開を進めていく。」との方針を明らかにした。この発言は、6月27日に開催された第79期定時株主総会で、サブスクリプション型のビジネスモデルにおいて、任天堂は他社に後れをとっているのではないかという質問への回答となる。

古川社長は、サブスクリプションサービス「NintendoSwitch Online」の会員に対し、ファミコンのゲームが遊べる「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」のサービス提供を行なっていると現状を説明した上で、同様のサービスをさらに充実させていく必要があると話した。



■関連サイト
 

株主総会 質疑応答

任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆7589億円、営業利益6406億円、経常利益6789億円、最終利益4803億円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7974
企業データを見る