gumi、ファンドが保有する株式の評価損を計上 第2四半期で特損6700万円を計上する見通し

gumi <3903> は、gumi venturesが運営するファンドで保有する関係会社株式に関し、実質価額が著しく低下し、回復する可能性が低いと想定されるものについて評価した結果、投資有価証券評価損として3300万円、関係会社株式評価損として1億2500万円をそれぞれ特別損失に計上すると発表した。

ただし、関係会社株式評価損に関しては、その一部は非支配株主に帰属する純損失となるため、投資有価証券評価損及び関係会社株式評価損により、グループの親会社株主に帰属する当期純損失への影響は6700万円となるという。

なお、この特別損失については、第2四半期(8~10月)の連結決算で計上するとのこと。売上高や営業利益、経常利益には影響はない、としている。
株式会社gumi
http://gu3.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社gumi
設立
2007年6月
代表者
川本 寛之
決算期
4月
直近業績
・売上高:186億2800万円(前の期比6.0%減)
・営業利益:15億1400万円(同32.0%減)
・経常利益:60億7100万円(同185.7%増)
・最終利益:18億3500万円(同4.4%増)
上場区分
東証プライム
証券コード
3903
企業データを見る