エディア、シティコネクションからゲームソフト139タイトルに係る知的財産権を取得…旧・日本テレネット系タイトルが取得対象に

エディア<3935>は、本日(1月14日)、シティコネクションからゲームソフト139タイトルに係る知的財産権を取得したことを発表した。なお、取得金額については、守秘義務などの都合により、非開示としている。

同社は、ゲームのプラットフォームの多様化および高性能化、通信環境の良化などに伴い、様々なゲームコンテンツを手軽に楽しむ消費者が増えている中で、グループのライセンスビジネス強化戦略の一環として、レトロゲームタイトルの知的財産権を取得することにより、家庭用ゲーム機、海外マーケットやサブスクリプションなどに向けてライセンスアウトすることにより安定した収益を享受できるほか、既存のグループコンピタンスやノウハウを活用して新たなサービスを提供することが可能であると考え、今回の取得に至ったとしている。

なお、今回の知的財産権を取得が、エディアの2020年2月期の連結業績および個別業績に与える影響は軽微としているが、今後、重要な影響を与えると判断した場合は、速やかに開示するとしている。

<取得資産概要>
取得資産:ゲームソフト139タイトルに係る知的財産権
主なゲームタイトル:「アークス」シリーズ、「アルバトロス」シリーズ、「コズミックファンタジー」シリーズ、「ヴァリス」シリーズ、「斬」シリーズ、「天舞」シリーズ、「緋王伝」シリーズなど(旧株式会社日本テレネット制作)
 
株式会社エディア
http://www.edia.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エディア
設立
1999年4月
代表者
代表取締役社長 賀島 義成
決算期
2月
直近業績
売上高24億7000万円、営業損益2300万円の赤字、経常損益3400万円の赤字、最終損益8000万円の赤字(2021年2月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3935
企業データを見る