韓国Gravity、『ラグナロク』IPを活用したスマホゲームの展開を強化…『Ragnarok Origin』『Ragnarok Tactics』『Ragnarok X』を準備中! 

ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>子会社の韓国Gravityは、『ラグナロク』IPを活用したスマートフォンゲームの展開を強化する。『Ragnarok M』が韓国や台湾、東南アジア、日本などで成功をおさめたが、シリーズタイトルを順次リリースする。まず、韓国国内では、MMORPG『Ragnarok Origin』を2020年第3四半期リリースを目標に開発していることを明らかにした。





また、これまで何度か名前が出た、シミュレーションRPG『Ragnarok Tactics』も東南アジアで1月2日にローンチしたとのこと。今後は、台湾、香港、マカオで2月25日にリリースし、韓国国内では第2四半期(4-6月)中にサービスを開始する計画だ。




さらに『Ragnarok X: Next Generation』も2020年下半期に台湾、香港、マカオでリリースする予定。本作は、ラグナロクの新しい解釈を加えたMMORPGで、FULL 3Dの派手で現代的なデザインが特徴になっているとのこと。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
http://www.gungho.co.jp/

会社情報

会社名
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
設立
1998年7月
代表者
代表取締役社長CEO 森下 一喜
決算期
12月
直近業績
売上高988億4400万円、営業利益301億5700万円、経常利益:302億200万円、最終利益163億6900万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3765
企業データを見る